ピーター・サガン「ロードレースはやめるよ。また世界選で優勝したらね。HAHAHA!」

今年の世界選手権で優勝の可能性があるスロバキアのロックスター、ピーター・サガン/ペテル・サガン(Peter Sagan)。怪童と呼ばれたスターももう32歳。

そんな彼が、世界選直前に海外メイディアの独占インタビューに応じて、「世界選に勝ったら、ロードレースをやめるよ」と冗談を飛ばす。

情報源:Peter Sagan: Perhaps I’ll win the world title and then quit road racing

今年のサガンは、昨年のコロナ感染に続いて今年は2回目の感染、さらに3回目の感染という憂き目にあった。しかも3回目はツール・ド・フランスを前にした時期だった。

情報源メディアによるインタビューで、そんな今年については、「たしかにベストなシーズンじゃなかったけど、最悪のシーズンでもなかった」と話す。

今年の世界選については、まずそのトレーニングは順調にできたようだ。そして、

“If I’m up there in the race, I want to do my best and so why can’t I win this time too? I’ve won the world title three times, so why not four?”

訳「レース本番ではベストをつくしたい。どうして今回も勝てないと思うんだい?もう3回世界王者になってるんだから、4回目ができないわけないだろう?」

と話す。

そして近年のロードレースの変化と新世代の怪物たちの台頭については、

“Cycling has changed, that’s for sure. The way we race has changed, the riders have changed and so the way we train has evolved too.    

訳「ロードレースは変化したよ、それは確か。レースでの走り方も変わって、選手も変化し、そしてトレーニング方法も変わった」

“These days, if you’re not at your very best, you can’t win. Nobody can, not me, not Remco Evenepoel, not Wout van Aert, not Tadej Pogačar or Mathieu van der Poel. I think we’ve seen that at different moments in the season.”    

訳「今ではもしベストな状態じゃないと誰も勝てない。それは自分はもちろん、レムコ・エヴェネプールも、ワウト・ファン・アールトも、タデイ・ポガチャルも、マチュー・ファン・デル・プールもみんな同じ。それはシーズンの様々な場面でみんな見てきたと思う」

このように話し、いかに最近のロードレースで勝つことが以前より困難になっているのか、いかにコンディションをベストに保つことが重要なのかを語る。

今回のインタビューは長い記事で他にもいろいろ語ってることがあるので、できれば情報源記事をチェックしてもらいたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください