ロードレースの移籍情報

Specializedが新ホイールRoval Rapide CL IIと新しいTurboシリーズのタイヤを発表

たしか今日の午前2時前だったかスペシャライズド(Specialized)から、新しいホイールRoval Rapide CL IIと、新しいタイヤでアップデートされたTurboシリーズが発表された。日本公式インスタを。

すでに日本公式サイトではそれら新製品の情報が掲載されている(現時点で全てではない?)ので、次の各種リンクから詳しくはそちらを見て欲しい。

なお新タイヤのうちS-Works Turboについてはまだ公式オンラインストアにそのページが作られていないようだ。

以下、簡単に上記3つの製品のスペックをまとめておく。

Rapide CLX II

  • ヒルクライムホイールの軽量性とチューブレスの速さとハンドリング性能を融合
  • フロントホイールとリアホイールで異なるリム形状。強風時の安定性が向上
  • 最大空気圧110psiまでに対応したフックドリム
  • リム:Rapide CLXカーボンクリンチャー、700c、ディスクブレーキ、チューブレス対応
  • リム:フロント:ハイト51mm、外幅35mm、内幅21mm、リア:ハイト60mm、外幅30.7mm、内幅21mm
  • ハブ:Roval Aeroハブ、センターロック、DT Swiss 180 Ratchet EXP 36tインターナル(10°)、100x12mmと142x12mm、SHIMANO ROAD11速HGフリーハブ
  • ベアリングの種類:DT Swiss SINCセラミックベアリング
  • スポーク:DT Swiss エアロライトTヘッド、フロント:ラジアル/2クロス (2:1) 18本、257mm(DS)/252mm(NDS)、リア:1クロス/2クロス (2:1) 24本 243mm(DS)/249mm(NDS)
  • ニップル:DT Swiss Hex Prolock Al 2.0×14mm
  • タイヤサイズ:24mm – 38mm
  • 重量:ホイールセット1,520g、フロント:710g、リア:810g(チューブレスリムテープとバルブ15gを含む)
  • 組み立て方法:手組み
  • その他:Rovalリムテープ、スペアスポークとニップルキットが付属。耐荷重:125kg
  • 価格は¥148,500~¥203,500
  • カラー展開は2つ。Satin Carbon x Gloss WhiteとSatin Carbon x Gloss Black

S-Works Turbo RapidAir 2Bliss Ready T2/T5

  • チューブレスタイヤ
  • Gripton T2コンパウンドをセンター部に、Gripton T5コンパウンドをサイド部に実装したデュアルコンパウンド
  • フックドリムとフックレスリムの両方に対応
  • Zylonで強化したビード
  • これまでのタイヤより転がり抵抗が2ワット減、前後セットで使用でタイヤ寿命が約1000km延長
  • 耐パンク性能が12%アップ
  • ケーシング:120 TPI
  • ビード:折りたたみ可能、2Bliss Ready
  • コンパウンド:GRIPTON® T2/T5デュアルコンパウンド
  • 耐パンク構造:BlackBelt
  • 700 x 26mm、70-110 PSI、 重量 約 230g
  • 価格は¥12,100
  • カラー展開:真っ黒のみ

S-Works Turbo 2BR 2Bliss Ready T2/T5

  • チューブレスタイヤ
  • トレッドの下にハイブリッドケブラーを採用するBlackBeltプロテクション
  • 転がり抵抗は旧モデルから6ワット減
  • 耐パンク性能は8%アップ
  • フックドリムとフックレスリムの両方に対応
  • ケーシング:120 TPI
  • ビード:折りたたみ可能、2Bliss Ready
  • コンパウンド:GRIPTON® T2/T5デュアルコンパウンド
  • 耐パンク構造:BlackBelt
  • 700 x 26mm、70-110 PSI、 重量 約 260g
  • 700 x 28mm、70-95 PSI、 重量 約 280g
  • 700 x 30mm、65-90 PSI、 重量 約 300g
  • 価格は¥10,450
  • カラー展開は2つ。真っ黒と、黒 x タン(サイド側)

となる。

またSpecializedでは、推奨タイヤ空気圧の一覧を公開している。
推奨タイヤ空気圧表(PDF)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください