Enter your email address below and subscribe to our newsletter

新城幸也はチームカーなし。今日の国別チームカー優先順位について。2023世界選男子エリートロードレース

今日の2023世界選ロードレースにおける国別チームカーの優先順位。日本の新城幸也はチームカーなし

Share your love

今日の世界選手権男子エリートロードレースの国別のチームカー優先順位をまとめておく。

国別チームカー優先順位

1位:ベルギー
2位:デンマーク
3位:フランス
4位:英国
5位:スペイン
6位:スロベニア
7位:オランダ
8位:イタリア
9位:オーストラリア
10位:コロンビア
11位:アメリカ
12位:スイス
13位:ノルウェー
14位:ドイツ
15位:オーストリア
16位:アイルランド
17位:カナダ
18位:ポルトガル
19位:ニュージーランド
20位:カザフスタン
21位:ラトビア
22位:エクアドル、エリトリア
23位:チェコ
24位:モロッコ
25位:南アフリカ
26位:アルジェリア、スロバキア
27位:ルクセンブルク

日本は新城幸也が単騎で出場するが、日本はこのリストに含まれていないためチームカーは使えない。

日本を含めてこのリストの国以外は、全てシマノのニュートラルサービスからトラブル時のサポートを受けることとなる。もちろん、そのサービスから受け取ったバイクやパーツなどはレース後にすぐにシマノへ返却しなければならないというルールもある。

世界選ルールの特殊性

この優先順位にしたがって、選手にメカトラなどが起こった場合に審判から優先して前へ行ける権利が与えられる。

また世界選手権では普段のロードレースとは異なりチーム無線が禁止されているので、選手はチームからの指示を確認したりするためチームカーまで下がり直接会話しなければならない。もしチームカーが車列の後方にいる場合は、そこまで下がらなくてはならず、またそこからプロトンまで上がっていかなければならない。これは大変な労力となる。

アシストが多いチームならば交代で疲労を軽減できるが、アシストが少ないチームはかなり厳しい。もちろんボトル運びもつらい。

そうしたいつものロードレースとは全く異なる条件でのレースなので、普段のロードレースとは全く別物の競技・種目と言っても過言ではないだろう。

Share your love
piginwired
piginwired
Articles: 6266

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Stay informed and not overwhelmed, subscribe now!