Enter your email address below and subscribe to our newsletter

ロードバイクとロードレース

ユンボ・ヴィズマのヨス・ファン・エムデンが引退表明

38歳のベテラン、ヨス・ファン・エムデンが今年限りで引退。昨日はトム・デュムランとともにレース。

Share your love

ユンボ・ヴィズマのベテランオランダ人選手で38歳のヨス・ファン・エムデン(Jos van Emden)が先日、今年限りでの引退を表明。昨日の2023世界選手権個人タイムトライアルが最後の世界選手権となった。

そんな彼の最後の世界選でサポートカーに搭乗していたのは親友のトム・デュムラン(Tom Dumoulin)だった。

ヨス・ファン・エムデンは2017年のジロ・デ・イタリアでは最終日の第21ステージの個人TTでステージ優勝。当時はLottoNL-Jumboに所属。そしてその日そのステージで総合優勝を確定させたのが当時チームSunwebにいたトム・デュムランだった。年は6歳ほどファン・エムデンのほうが上だが同じオランダ人同士ということもあって、としてユンボ・ヴィズマではチームメイトだったので仲が良かった。

ファン・エムデンは次のように話す。

“Cycling has brought me a lot. I’m not the greatest talent. If you can ride in the peloton for so long as a valued force, and can also ride good results yourself, I can be very satisfied with my career.

訳「自転車は自分にたくさんんことを与えてくれた。自分は最高の実力をもった選手というわけではなかったが、それでもかなり長くプロトンでチームの戦力として働くことができ、そして自分自身の勝利も得られるなら、自分のキャリアにはかなり満足できるんちゃうかな」

Share your love
piginwired
piginwired
Articles: 6427

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Stay informed and not overwhelmed, subscribe now!