Enter your email address below and subscribe to our newsletter

アスタナがドーピングで1年出場禁止のミケーレ・ガッツォーリを育成チームのメンバーとして契約

アスタナが、ドーピングで出場禁止処分のミケーレ・ガッツォーリとその育成チームのメンバーとして契約

Share your love

昨年ヴォルタ・アン・アルガルヴェ(Volta ao Algarve)開催中に実施されたドーピング検査で陽性となった24歳のイタリア人選手でミケーレ・ガッツォーリ(Michele Gazzoli)。当時はアスタナに所属していた。

UCIはミケーレ側の弁解・釈明を認め、「故意ではないドーピング」として1年間の出場禁止処分を下した。同時にアスタナは彼との契約を解除。

そしてその禁止処分期間は先日の8/9までだったのだが、昨日アスタナからミケーレと再び契約したと発表があった。

ロードレースのシーズンは残り約3ヶ月。またアスタナの選手枠は埋まってしまっているので、ひとまずアスタナの育成チームと契約という形をとった。その3ヶ月でどこまでの走りをチーム首脳陣に見せられるかによって、ワールドチームとしてアスタナと再契約が決定されるのではないだろうか。

アスタナ曰く、ミケーレ・ガッツォーリのドーピングは故意ではなかったうえ、UCIから制裁を課されても復帰へのモチベーションを高く保ち、真摯にトレーニングに励んでいたらしい。それが再契約につながった1つの要因だったようだ。

関連記事として2つの記事をどうぞ。

Share your love
piginwired
piginwired
Articles: 6250

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Stay informed and not overwhelmed, subscribe now!