Enter your email address below and subscribe to our newsletter

ロードレースとロードバイク

ユンボのサム・オーメンがリドル・トレックへ移籍。あっ…(察し

ユンボ・ヴィズマでプリモシュ・ログリッチのアシストを務めるサム・オーメンがリドル・トレックへ移籍。これは答え合わせを意味するのか?

Share your love

ついさきほどアメリカのワールドチームのリドル・トレック(Lidl-Trek)から、ユンボ・ヴィズマ(Jumbo-Visma)で走るサム・オーメン(Sam Oomen)の移籍が発表された。

契約は2026年までの3年契約。

サム・オーメンといえば今のブエルタ・ア・エスパーニャでも総合優勝を狙っているプリモシュ・ログリッチ(Primož Roglič)を支えてきたアシストの一人だ。今年のブエルタには出場していないが、今年のジロ・デ・イタリアには出場しログリッチの優勝に貢献していた。また、2022と2021のブエルタでもログリッチと参戦していた。

ログリッチにとってサム・オーメンとクーン・ボウマン(Koen Bouwman)は重要な相棒だ。なぜなら、バイクのサイズが3人とも同じだから。つまり、メカトラなどでログリッチに緊急のバイク交換が必要となった場合に、チームカーを待っていられない状況ならばオーメンかボウマンのバイクをログリッチが使えるということだ。1秒でも速く集団に復帰することが可能となる。

そのサム・オーメンがリドル・トレックへ移籍。

🐷「あっ…(察し」

Share your love
piginwired
piginwired
Articles: 6530

2 Comments

  1. 移籍確実と言われていたコーイが契約延長した時点で、やはりこうなる運命だったのか……?(ログリッチが移籍しないとグランツールの枠が開かない)

    • ログリッチの契約そのものは2025まであるけど、今回のこれでさらにいっそう移籍の可能性が高くなってきたブヒね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Stay informed and not overwhelmed, subscribe now!