Enter your email address below and subscribe to our newsletter

なぜ今年ユンボ・ヴィズマは1位になれなかったのか?UAEとの決定的な違いとは?【データサイエンス?】

データから考える、なぜユンボ・ヴィズマはチームランキングで1位になれなかったのか?UAEとの差はどこにあったのか?

Share your love

どうも、データサイエンティスト(大嘘)でKaggleのグランドマスター(大嘘)の🐷です。

さて、2023年10月17日にUCIランキングが最新へ更新された。そのランキングでもこれまでどおり、UCI World Rankingにおけるチームランキング1位はタデイ・ポガチャル(Tadej Pogačar)を擁するUAE-TeamEmiratesだ。そして2位に今年全グランツール総合優勝を歴史上初めて成し遂げた史上最強チームのJumbo-Visma。

今年の圧倒的な強さを考えればJumbo-Vismaが1位でもおかしくない。では、なぜJumbo-Vismaは1位になれなかったのか?UAEとの差は一体どこにあったのか?

今回の記事ではUAEとJumbo-Vismaのそれぞれにおいて、選手のポイント数上位20人だけを対象に(各チーム上位20名のポイントの合計がそのままチームランキングとなるから)して両チームの比較をしたいと思う。

UAEとJumbo-Vismaのポイント数上位20名

2023UAE-TeamEmiratesのポイントランキング

順位選手名UCIポイント
1POGAČAR Tadej7695.86
2YATES Adam Richard4007.86
3GONÇALVES ALMEIDA Joao Pedro3110.62
4HIRSCHI Marc2997
5AYUSO PESQUERA Juan1943.62
6MCNULTY Brandon1407.43
7MOLANO BENAVIDES Juan Sebastian977.48
8WELLENS Tim917.86
9VINE Jay917.48
10TRENTIN Matteo912.86
11GROSSSCHARTNER Felix867.86
12ULISSI Diego864
13FORMOLO Davide734
14BJERG Mikkel701.29
15SOLER Marc701.05
16ACKERMANN Pascal660
17MAJKA Rafal564
18BAX Sjoerd349
19BENNETT George318.43
20ALVES OLIVEIRA Rui Filipe310.48

2023Jumbo-Vismaのポイントランキング

1VINGEGAARD Jonas6304.07
2ROGLIČ Primož5603.36
3VAN AERT Wout4762
4KUSS Sepp2612.5
5LAPORTE Christophe2311
6KOOIJ Olav1907.57
7BENOOT Tiesj1773
8VALTER Attila794.36
9VAN BAARLE Dylan538.5
10KELDERMAN Wilco535.5
11VADER Milan464
12VAN HOOYDONCK Nathan452.57
13VAN DIJKE Tim362.33
14FOSS Tobias Svendsen264.57
15DENNIS Rohan223.57
16BOUWMAN Koen205.86
17GLOAG Thomas175
18TRATNIK Jan141.93
19AFFINI Edoardo112.76
20OOMEN Sam107

次にこれら2つのデータについてもう少し詳しくみてみよう。

分析

まず上でまとめた各チーム上位20人について、総ポイント数、平均値などを見てみよう。

特徴量UAE-TeamEmiratesJumbo-Visma
合計ポイント数30958.1829651.45
平均1547.901482.57
中央値890.36499.75
最大値7695.866304.07
最小値310.48107
標準偏差1722.691881.48

上位20名の合計ポイントで比較するとUAEのほうがJumbo-Vismaより1300ポイントほど多く、上述のようにそれがそのままチームランキングのポイント差となっている。

また各チームの選手が、そのチームの平均の周囲にどれぐらい集まっているか(乱暴にいえば、能力の差がどれぐらい少ないか)を示す標準偏差はUAEのほうが少し小さい。つまり、UAEのほうがチームメイト間の能力格差がちょっとだけ少ない傾向にあると考えられる

次に棒グラフで見てみよう。←がUAEのグラフ、→がJumbo-Vismaのグラフだ。

2023シーズンのUAEとユンボ・ヴィズマの比較データ
←UAEのグラフ    Jumbo-Vismaのグラフ→

上でまとめた各チームの上位20名ポイント数の順位表ではわかりにくかった両チームの差がこれで少し明確となっただろうか。注目すべき点は2つ。

  • Jumbo-Vismaのほうが4400ポイント以上を稼ぐ選手が多い
  • UAEのほうが低ポイント数の選手の数が多い

上位20名について正規分布のグラフにしてみる。

2023シーズンのUAEとJumbo-Vismaの比較データ
青:UAE、赤:Jumbo-Visma

青がUAEのグラフ、赤がJumbo-Vismaのグラフだ。正規分布のグラフはそれぞれの頂点の横軸座標ところにそれぞれの平均がある。そして正規分布のグラフは平均を挟んで左右対称になるのが特徴だ。

この正規分布グラフを見ると、やはり平均のところの縦軸座標でグラフ間の隙間が大きい。一方でその他のところではほとんど同じような重なり方だ。

以上のことからすると、UAEが1300ポイント差でJumbo-Vismaを上回り1位になれたのは、ポイント数で下位の部分の選手層が厚かったといえるだろうか。もちろんそれはあくまで2023年だけの話だし、レース展開や作戦によっていくらでも変わることだが。

Share your love
piginwired
piginwired
Articles: 6427

2 Comments

  1. そういえば、今年からチーム上位20人までのポイントが有効になったのでしたね。
    過酷なワンデイレースで、アシストだからとバンバンDNFしていた選手も、なんとか完走+60位以内に入って1ポイントでももぎ取ってこいみたいになったりして。

    • 降格システムの実装以来、昔のようにエースだけが頑張ればいいという時代ではなくなったという感じブヒね。
      そしてアシスト陣の中でもリーダー的な選手や准エースもしっかりとそれなりの順位でゴールする必要があるブヒね。
      特に降格圏内にあるチームはその必要性が高いブヒね。全てのレースで誰もが気を抜けない時代に・・・

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Stay informed and not overwhelmed, subscribe now!