Enter your email address below and subscribe to our newsletter

ロードレースとロードバイク

Dstny社がチームLotto Dstnyの共同タイトルスポンサーをやめる可能性

Dstny社がLotto Dstnyの共同タイトルスポンサーをやめる可能性

Share your love

ツール・ド・フランスも1ヶ月以内となり、そろそろプロ選手らの移籍市場も本格的になっていく時期だが、チームとしてもスポンサー獲得や契約延長を活発にしていく時期でもある。

そんな中、Lotto Dstnyについてはその共同タイトルスポンサーであるDstny社が今年限りでスポンサーそのものをやめる、または、共同タイトルスポンサーから降りる可能性があるようだ。

情報源:“I HAVE AN ATTRACTIVE TEAM WITH A GOOD IMAGE, A TEAM THAT GENERATES VISIBILITY” – LOTTO DSTNY BOSS NOT AFRAID OF POTENTIALLY LOSING CO-SPONSOR DSTNY

Lotto DstnyのCEOのStéphane HeulotはベルギーメディアのHet Nieuwsbladに対して、噂話にはコメントしないと前置きしつつも、来年度に向けたスポンサー獲得交渉をやっていること、特にDstny社との交渉を行っていることを認めた。

もともと少なくとも2026年まではLotto Dstnyとして活動する予定だったように思われるのだが、Dstny社からスポンサー契約についてなんらかの話があったのかもしれない。そのあたりの詳しい内部事情は不明だ。

そもそも同チームに共同タイトルスポンサーとしてDstny社が契約したのが2022年。しかし、チームは当時ワールドチームだったものの、2023年には1つ下のProTeamへ格下げとなってしまった。この点について、Dstny社は「降格するとわかってたら契約しなかったかもしれない」と語っていた。今となっても出資する金額の「コスパ」になんらかの不満・疑心があっても不思議ではない?

さて、上述Lotto DstnyのCEOは「まだDstny社との契約はまだ終わるような段階ではない」とするが、先週の金曜日に同社とチーム側は今後のついての話し合いを持ったと話す。そこでは建設的な議論ができたようだ。

そのような現状ではDstny社が少なくとも共同タイトルスポンサーから離れる潜在的なおそれはあるのだが、それでもチームCEOはチームの未来について心配はないと語る。

なお現時点のUCIランキングをもとにすれば、2026年からLotto Dstnyがワールドチームに復帰する可能性は高いと思われる。それが確実となればDstny社も共同タイトルスポンサーを続ける可能性も高くなるのではないか?

Share your love
piginwired
piginwired
Articles: 6619

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Stay informed and not overwhelmed, subscribe now!