Loading...
その他

最も空気抵抗が少なく速い下りのフォーム・ポジションは?

下記情報源より

ロードレースにおいて危険と隣あわせではあるものの、だからこそ凄さがわかるのが下り。

そして通常のポジションも人それぞれなように、下り方にも人それぞれちょっと差異があったりする。

今回は下り最速のフォームはどれか、という研究報告のご紹介。


情報源:Which cyclist hill descent position is really superior? Froome, Pantani, Nibali or Sagan? The scientific answer. Part 2.

(1) 6種類の下りのフォーム

研究では6種類の下りのフォームが対象となった。その6つとは、これ。

上記情報源より

画像はそれぞれ、次の選手のもの。

a:クリス・フルーム

b:マルコ・パンターニ(後期型)

c:ヴィンチェンツォ・ニバリ

d:ヴィンチェンツォ・ニバリ

e:ファビアン・カンチェラーラ

f :ピーター・サガン

下りを攻める場面でよく見るのが、a,d,fかな。

さぁ、これらの中でどれが一番速いのか?


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

(2) 結果

結果は次のようになった。

上記情報源より

一番遅いのがカンチェラーラのフォーム。

一方、一番速いのがやはりピーター・サガンのフォーム。

ただし、カンチェラーラはそもそも大柄で体重重いから少々空気抵抗が増えようが、たとえカンチェラーラがこのフォームでたとえ足をとめていても、下りを攻めてる軽量の選手より速いこともある。この点はサガンも似たようなもんやろな。

下りでは重さこそがさいつよ。まぁその分ブレーキ&タイヤに負担かかるわけやけど。

あとはそもそもカンチェラーラはいつもこのフォームで下ってるわけやないし、それにカンチェラーラは下りでもやたら速い&コーナーが上手いのは定説。TTの時やいつぞやのフランドルの独走の時も見てたらわかるやろう。

というわけで、カンチェラーラ自体がどうこうじゃなくて、この「アップライトなフォーム」が空気抵抗増えて遅いってだけやね。

参考にクリス・フルームの下りのフォーム。

同種の実験の動画もどうぞ。

なお実際に真似してどうなってもワシはしらん。

(関連する過去記事とか、1つ前・後の記事は下のほうにあるで)

[google adsense]




[wiggle]



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

これも読め
SAMTIAS 真鍮シューホーン(携帯用靴ベラ)01
お気に入り
冬のロードバイクのインナー
JBL Pebbles
人間失格
ACTIVE WINNER U-LOCK