Enter your email address below and subscribe to our newsletter

【Zwift?】来年のジロはバーチャルレースでスタートか

Share your love



情報源:The Giro explores “virtual” prologue for 2020

終わったばかりのジロやけど、すでに来年に向けた計画が進んでる。その内容の1つとして、なんと初日のプロローグステージが、仮想空間でのレースとなる可能性が高い。主催者側曰く、「現在、実現に向け鋭意努力中」とのこと。




2020年Giro d’Italiaはバーチャルで始まる?



Giro d’Italiaの総責任者Mauro Vegniが情報源メディアに対して語ったところによると、親会社RCS Sportが来年のGiro d’Italiaに「バーチャルステージ」を設定しようと動いてるもよう。

今年でもZwiftを使って、プロが走ったコースをバーチャル上で体験し、いっしょに入るというイベントはある。しかし、来年のGiro d’Italiaのプロローグに設定されるであろうそれは、ガチのGiro参戦プロ同士の戦い。

現在のところ内部で検討されてるアイデアの1つとしては次のようなものがある。

すなわち、優勝すればプロローグ覇者として表彰されるし、マリアローザも着られる。ただし、プロローグであって「第1ステージではない」ので、タイム差などはつかず、総合順位どうこうの話にはならないというもの。



またバーチャルプロローグステージ導入と同時に、全ステージにおいてリアルタイムで、実際のプロトンと競争できるバーチャルイベントも検討されている。

世界中のファンが、実際のプロトンと競争できるわけやね。そのようなシステムの開発を、ジロ主催者側はいくつかの大手バーチャルトレーニング企業に対して打診しているもよう。

こういう動きは、自転車界・ロードレース界の未来を見据えた動きでもある。ファン層や人気の拡大には、こういう新しいエンターテイメントの導入は大事やしね。さてどうなるやろ。

Share your love
piginwired
piginwired
Articles: 6542

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Stay informed and not overwhelmed, subscribe now!