ウリッシがUAEとの契約を延長へ



ワールドツアーチームUAE-Team Emiratesのイタリア人ディゴ・ウリッシ(Diego Ulissi。30歳)が、同チームとの契約を延長した。

チームTwitterをどうぞ。



今回の延長で、ウリッシは2022年まで同チームで走ることになる。

同選手はジロ・デ・イタリアでこれまで6度のステージ優勝をあげている。イタリア人だけにツールよりもジロでの活躍を優先しているように思われる。

現在コロナ禍によりいくつかのチームが消滅しそうな可能性があることは、先日「いくつのチームが消滅するとUCIが想定しているか?」で伝えた。そして、さっそくワールドツアーチームCCCが今年限りで消滅することが確実過去記事「【悲報】チームCCC消滅」)となった。


また、ロードレース界最高の金満チームであるイネオスのスポンサーのイネオスグループについても、それに属するPetroineos社が、英国政府に対して融資を求める交渉をしている(過去記事「イネオス(Ineos)が英政府に660億円の融資を求める。その理由とは?」

しかしこのような各所の苦境をもろともしない(?)のか、UAE-Team Emiratesは、今回のウリッシの契約延長に先んじて若きエースのタデイ・ポガチャルとの長期契約を発表している(記事:UAEがタデイ・ポガチャルと長期契約。2024年まで)。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください