ピーター・サガンがフランドルとパリ~ルーベを欠場か



スロバキアの英雄ピーター・サガンは今年のフランドル(ロンド・ファン・フランデレン)とパリ~ルーベに出場しない予定だと、同国のメディアが下の情報源記事で伝える。まだチームから発表はないが、一体どういうことなのか?

情報源:Kaskadér Peter Sagan. Mal by absolvovať Tour aj Giro, teda v priebehu 58 dní až 42 etáp




なぜサガンは最大の目標である北のクラシックの2大イベント、フランドルとルーベに出場しないのか?

それは今年は新コロ助19のせいでロードレース日程が激変してしまい、ジロ・デ・イタリアとそれら2つのレースの日程がかぶってしまうから。これらのレース日程は次の通り。

・ジロは10/3~10/25
・フランドルは10/18、パリ~ルーベは10/25

過去記事:UCIが全てのUCIレースの改訂版カレンダー(日程)を発表

思いっきり日程がかぶってしまっている。

らばジロのほうに出なければいいのではないか?そう考えることもできる。



しかしそもそも今年はツアー・オブ・カリフォルニアが新コロ助19とはなんの関係もない事情の財政難で中止となってしまい、そのため同時期にやるジロに参戦する予定だった。

そういうジロ主催者側との約束(密約?たぶん出場するだけでボーナスが出るはず)だった。その約束を守らなければならない。おそらくそういう事情なのだろう。

そのため、断腸の思いでフランドルとルーベを諦めざるを得ない。そう情報源記事が伝える。

一方、情報源記事はミラノ~サンレモと、そしてチームとしての最優先事項であるツール・ド・フランスには出場する予定であるとも伝える。


さて、今回のこのサガンの欠場が事実になれば、北のクラシック戦線の勢力図や当日の展開(チーム戦略)が大きく変わりそうでもある。サガンの欠場はさらなる混沌をもたらすことになるのか?



【関連記事】

UCIが全てのUCIレースの改訂版カレンダー(日程)を発表

【5/5発表分】ツールか世界選か難しい。改訂版2020ロードレース日程について



2 thoughts on “ピーター・サガンがフランドルとパリ~ルーベを欠場か

    1. サムベネが移籍しちゃったので、チームとしてのアッカーマンに全力でGoできそうブヒね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください