軽いタイヤ

【172g】Maxxisが超軽量レーシングタイヤ「High Road SL」を発表



台湾のゴム会社がアメリカで立ち上げたタイヤメーカーがMaxxis。そのMaxxisから、ロードバイク史上最軽量・最速のガチレーシングタイヤ、High Road SLが登場する。

情報源:Maxxis launches super lightweight race-only High Road SL tyres



High Road SLのスペック



現時点ではまだ公式サイトや公式SNSにも情報が記載されていないが、情報源記事によれば、次のようなスペックとなっている。

  • タイヤの種類:クリンチャーとチューブレス(クリンチャーが先に販売)
  • タイヤ幅: 25mmと28mm
  • 重さ: 172g (25mm)と179g (28mm)
  • TPI:170
  • 推奨用途:レース、タイムトライアル、ヴェロドーム
  • 価格: £49.99/$64(約6800円)



目玉となっている重量は172~179g。一方、普通のRoad SLならば210~317gである。

ガチのレーシングタイヤであるがゆえに、耐久性は重視されていない。よって、特にヒルクライムレースでの一発勝負がおすすめである。当日にレースで使った後はもう家でローラー台専用にしたほうが良いのかも。。外で日常的にトレーニングに使うのはパンクリスクや劣化の速さを考えると不安かもしれない。

そんな耐久性のない最軽量級タイヤといえども、ガチレース向けである以上、レース用の性能はしっかりと具備している。もちろんグリップ力もしっかりと確保。

今夏のツール・ド・フランスでも、MaxxisがスポンサーをするワールドツアーチームのISRAEL START-UP NATIONが、ひょっとしたらこのタイヤを山岳ステージで使うかもしれない。使うとしたらチューブレスバージョン(今夏発売)かな?


Amazon:Maxxis High Road 700x25C 120TPI Clincher Tire,2 Tire, TB3100





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください