ツール前夜、Lotto Soudalでコロナ感染可能性のスタッフ2名

いよいよ本日、ツール・ド・フランスが始まる。そのグランデパール(出発点)となるフランスのニースは、最近のフランス国内でのコロナ感染者の再びの急増を受けて厳戒態勢である。今も昔もフランスは汚い国であるが、コロナ対策として最近はニースでも例年よりも清掃がしっかりとなされている感じがするとニース在住の日本人は言う。また屋内でも野外でもマスク着用が義務付けられている。

一方で、まさにツール前夜といってもいいであろうこのタイミングで、ワールドツアーチームのLotto Soudalから「陰性ではない」人間が2名出てしまった。

少し前に、ツール主催側から今年のツールについては、「ツールでは各チーム2名の感染者が出ればチームごと排除」というルールが発表されていたが、プロチームからの「厳しすぎる」との抗議の声を受け、そのルールは緩和されるようになった。(過去記事:ツール・ド・フランスの対コロナルールが緩和へ

まるでこのLotto Soudalについての検査結果と、ルール緩和の決定はまるで狙っていたかのようなジャストタイミングとなったが、単なる偶然であろう。偶然、偶然。いいね?

「陰性ではない」との結果がでた同チームのスタッフ2名は、ルームメイトも含めて家に帰された。

ワシの予想では、というかみんなもたぶん思っているだろうが、おそらく今後ツール期間中に「陰性ではない」との結果を受けるチームスタッフや選手が出てくるであろう。その数が増えていったときに果たしてツールはどうなるのか。チームごと撤退ということが起きなければ良いが。日本で神様に祈るしかないか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください