【まとめ】8名がコロナ陽性:ジロ第10ステージ前に大量リタイアについて

昨日にうちに既報のとおり、休息日までに行われた検査にて合計8名の陽性反応が検出され、昨夜の2020ジロ・デ・イタリア第10ステージでは、そのスタート前に大量のリタイア(撤退)が発表された。

そこで、コロナ禍のグランツールの記録という意味で、その大量リタイアについてまとめておく。

リタイアした選手リスト

  • Lawson Craddock (EF Pro Cycling)
  • Jack Haig (Mitchelton-Scott)
  • Lucas Hamilton (Mitchelton-Scott)
  • Michael Hepburn (Mitchelton-Scott)
  • Damien Howson (Mitchelton-Scott)
  • Cameron Meyer (Mitchelton-Scott)
  • Steven Kruijswijk (Jumbo-Visma)
  • Koen Bouwman (Jumbo-Visma)
  • Tobias Foss (Jumbo-Visma)
  • Chris Harper (Jumbo-Visma)
  • Tony Martin (Jumbo-Visma)
  • Christoph Pfingsten (Jumbo-Visma)
  • Antwan Tolhoek (Jumbo-Visma)
  • Jos Van Emden (Jumbo-Visma)
  • Michael Matthews (Sunweb)

このうち、コロナ陽性となったのは2名で、Steven Kruijswijk (Jumbo-Visma)とMichael Matthews (Sunweb)である。

そしてジロ・デ・イタリアから、Mitchelton-ScottとJumbo-Vismaが撤退することになった。

選手以外の陽性について

選手以外でも、Mitchelton-Scottでは4名のスタッフの陽性が、さらには、INEOS Grenadiers、AG2Rのスタッフからもそれぞれ1名ずつ陽性反応のスタッフが出た。合計6名。

以上より、選手2名、選手以外から6名で合計8名の陽性反応検出となった。

Jumbo-VismaはSteven Kruijswijkだけの陽性だが、大事をとって全員撤退を決断した。その決断を促したのは、やはり感染力の強さである。一人が感染すれば周囲に連鎖的に感染が拡大することを何よりも危惧したのである。

それにしても、以前も書いたがツール・ド・フランスの成功はやはり奇跡としかいいようがない。

2 thoughts on “【まとめ】8名がコロナ陽性:ジロ第10ステージ前に大量リタイアについて

  1. どうやっても感染者は出ますよね。
    そう考えると、やっぱり、ツールは奇跡だったんだな~と思いますね。

    1. 本当にそう思うブヒね。
      むしろなぜツールで出なかったのか、それを教えてほしいぐらい・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください