ツールマレー

ブエルタ第6ステージはツールマレー峠とオービスク峠なしへ

昨日、ジロ・デ・イタリア最終日前日となる山岳最終決戦の舞台、第20ステージのコースが変更となるというのを紹介した。

そして先日開催したばかりの今年最後のグランツールのブエルタ・エスパーニャでもその第6ステージのコースが変更となる。ロードレース界における名物峠、ツールマレー峠(Tourmalet)がなくなることになった。

情報源:No Tourmalet for Vuelta a Espana due to French restrictions

変更後のコースプロフィールは次の画像のとおり。

ブエルタ第6ステージ変更後のコースプロフィール
ブエルタ第6ステージ変更後のコースプロフィール

ブエルタ第6ステージでは、フランスのツールマレー峠とオービスク峠(Aubisque)を登る予定だった。

しかし、ジロ第20ステージのコース変更と同じ理由により、それらの峠はなくなる。すなわち、フランスがコロナ第二波襲来で超厳戒態勢のため、フランスへの入国が制限されてしまっているからである。

その代わり第6ステージは、Biescasを出発し、1級山岳Aramon Formigal(標高1790m:その日の最高到達点)の山頂フィニッシュとなるコースになっている。全長は146.4km、獲得標高3040mの1日となる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください