コロンビア

コロンビア政府がチームEFのスポンサーに?コロンビアU23王者がEFへ移籍しワールドツアーデビューへ。

コロンビアのU23王者ダニエル・アロヤヴ・カニャス(Daniel Arroyave )が、ワールドツアーのEF Pro Cyclingと契約をしたもよう。

情報源:https://www.cyclingnews.com/news/colombian-under-23-champion-arroyave-signs-for-ef-pro-cycling/

ダニエル・アロヤヴは今年はUAE Team Colombiaに所属していたが、20歳となりいよいよワールドツアーデビューとなる。

今回のEFとの契約はまだEF側から何ら発表はないが、本人が地元メディアEl Espectadorに対してそう述べたもよう。

コロンビア人ということでクライマーと思われがちだが、アロヤヴ本人の将来の夢は、世界王者、クラシック制覇、五輪王者だと述べる。つまりワンデイレースで輝きたいとの考え。これはピュアクライマーではなく、登れるパンチャー的な脚質だということだろう。バルベルデやアラフィリップのような選手か。

コロンビア政府がEFのスポンサーに?

少し前から噂されていることであるが、どうやらコロンビア政府がEFのスポンサーになるのではないかと言われている。

政府そのものがスポンサーというわけではなく、政府が出資するなんらかの企業・団体がスポンサーになるかもしれないとうことであろう。

そしてその政府とEFとをつなぐフィクサーが、リゴベルト・ウラン(Rigoberto Urán)なのではないかと目されている。それゆえ、ウランもまたEFに残留するのではないかと言われている。

なお、コロンビア政府とワールドツアーチームとのつながりという点では、チームSkyが消滅するときにも話題になっていたのを思い出す。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください