Enter your email address below and subscribe to our newsletter

シクロクロス

ハインリヒ・ハウスラーがシクロクロス世界選出場へ

Share your love

バーレーン・ヴィクトリアスのベテランオーストラリア人選手、ハンリヒ・ハウスラー(Heinrich Haussler)が、なんとシクロクロスの世界選手権に出場する。

情報源:Heinrich Haussler set to race Cyclo-cross Worlds

2005年にプロデビューした36歳は、実は2年前からシクロクロスにも挑戦していた。2019年にはUCIワールドカップシリーズの1つ、ゾルダーにも参戦していた。そして今シーズンは6つのシクロレースに出場していたとのこと。

そんな彼の今シーズンのシクロクロス最高の成績はワールドカップシリーズのデンデルモンデ戦の47位。それからわかるかもしれないが、本人も「趣味としてのシクロクロス参戦」だと公言している。

その証拠に彼はメカニックもスタッフも帯同せず1人(友人らと)で参戦している。バイクも自分で洗う。でもそんなことは問題ではなく、子供のように泥だらけになって走るのがとても楽しいと述べている。もちろん来たるべきロードレースシーズンへの準備という明確な目的もある。

だがさすがに大きな舞台となる世界選手権には、バーレーン・ヴィクトリアスのチームバイクであるメリダ(Merida)からスポンサーが2人帯同するもよう。スポンサーによる宣伝・広報という側面もあるのだろう。

ハウスラー曰く、クロレースの会場でマチュー・ファン・デル・プールやワウト・ファン・アールトらの試走などを見学し勉強しているらしい。そして走行ラインの選択、バイクコントロール、コーナーリング、下りの技術などいろいろな点で彼らの卓越した能力に驚嘆しつつも学ぶことが多いもよう。彼にとってはそれもまた楽しいのだろう。

そんな彼の世界選の目標は、マチューやファン・アールトたちから周回遅れにならないこと。もしそれができれば大成功だと述べる。

最近はファビオ・アルも含め、ロードレース選手がシクロクロスをオフシーズンにやることが増えている。ひょっとしたら、新城幸也のシクロクロス参戦もある??

Share your love
piginwired
piginwired
Articles: 6704

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Stay informed and not overwhelmed, subscribe now!