UCIがグランツールのワイルドカードの増枠を決定。ツール・ド・フランスの全チーム発表

UCIが今年のグランツール全てで特別にワイルドカード枠を1つずつ増やすことを認可した。例外的な措置となる。これにより、各グランツールのワイルドカード枠は3→4へと変更。

以前「今年はグランツールのワイルドカード枠を拡大か?UCIが要請を受けて検討中」で書いた通りの結果となった。

すでにこのブログでも書いてきたが、マチュー・ファン・デル・プール所属のアルペシン・フェニックスは昨年のProTeamランキング1位ということで、自動的に招待される権利を獲得し、そしてチームも全ツール参戦の意向を発表している

よって残りの枠は2つという狭き門だったが、今回の特別措置により、残り枠は3つとなった。

情報源:Grand tours can add additional wildcard team in 2021

今回のこのUCIの措置により、各グランツールはワールドツアーチームが19、そしてProTeamが4の合計23チームで争われる。

すでに日本の大手メディアでも書かれているが、ツール・ド・フランスについてはこのUCI決定と同時にワイルドカード枠が発表された。

  1. アルペシン・フェニックス(Alpecin-Fenix)
  2. ビーアンドビーホテルズ・KTM(B&B Hotels-KTM)
  3. アルケア・サムシック(Arkéa-Samsic)
  4. トタル・ディレクトエネルジー(Total Direct Energie)

の4チームである。

アルケアの村長ことナイト・キンタナ、トタルのニキ・テルプストラに加え、アルペシンのマチュー・ファン・デル・プールが今年のツールに出場することになる。

なおジロとブエルタについてはまだ未発表。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください