ゲラント・トーマスが来年のパリ~ルーベ参戦?

チームイネオスの総合エース、ゲラント・トーマスが来年のパリ~ルーベに出場する意向?

情報源:Geraint Thomas eyeing Paris-Roubaix return in 2022

Gことゲラント・トーマスは今でこそ総合系のトップ選手だが、もともと若い頃はトラック競技を得意とし、ロードレースでもクラシックレースを得意としていた。そんな彼が現役キャリアの最後に再びクラシックの女王パリ~ルーベを走ろうというのか。

そんなGはこれまでパリ~ルーベには6度出場。最高位は2014年の7位。だが2015年からは総合系に転身したせいか春のクラシックは走ってこなかった。だがパリ~ルーベへの想いは熱いままのもよう。Gは来年のパリ~ルーベについて次のように語る。

“Hopefully next year. The thing with one-day racing as well is that it’s A to B, it’s over in one day, and it’s just spontaneous as well. With stage racing, especially Grand Tours now, there’s a lot of calculated holding back, whereas one-day racing it’s about emptying the tank.”

訳「希望としては来年のパリ~ルーベに出たいかな。ワンデイレースというのは、ステージレースとは別物なんよ。一日で終わるというのもあるし、自分の意思に従って積極的に走れるという意味でもね。ステージレースの場合は特にグランツールでやけど、みんな頭の中で三週間を戦い抜くためいろいろ計算して我慢しながら走ってるわけやけど、ワンデイレースはその日一日で空っぽになるまで力を振り絞るからね」

そしてそんなワンデイレースの中でも、パリ~ルーベはやはり特別なレースという気持ちを持っている。世界でただ1つの唯一無二の個性を持つレースだと、その愛を語る。曰く「アンビリバボーなレース」だと。

Gもすでに34歳。数年後には引退が見える年齢となっている。現役生活最後の思い出づくりに、ある意味で彼の原点とも言えるパリ~ルーベで一花咲かせられるか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください