シマノが模造品対策にQRコードを導入。アプリで真贋を表示

昨年、シマノから公式にその模造品についての注意喚起があった。以下の公式ページを見てほしい。

シマノ公式:[重要なお知らせ] 模倣品にご注意ください。

そのページでは、特に最近はシマノの青クリートの模造品が多く販売されているとも書かれている。

そんな中、シマノが新しく模造品対策の施策を発表した。

情報源:Shimano steps up efforts to beat counterfeiters

今回シマノが導入する模造品対策の方法は、パッケージにQRコードを埋め込み、それをアプリで読み取ることでその製品が本物かどうかをユーザーに表示するというものだ。まずはペダルとクリートのパッケージからその導入を始めるようだ。

この新パッケージはまず中国市場と日本市場向けに導入されるが、少しずつ世界展開をしていく。

使われるQRコードにはタイムリミットが設定されており、同一パッケージの同一コードの読み取りは最大で3回まで。4回目からは動作しなくなる仕組み。

詳しいことなどはまた日本の大手メディアやシマノ公式で発表がなされるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください