ロードレース

2021ロマンディ第2ステージの結果と感想

昨夜のツール・ド・ロマンディ第2ステージは165.7kmに2級山岳が5つ、そして最後に1級山岳が1つというコース。その1級山岳はゴール前の25kmあたりから始まり、10kmほどの登坂距離で約500m上がる。ゴールまで残り5km地点まで下り、あとは市街地でゴールという感じだ。

コース的には逃げの少数集団が最後にできそうな雰囲気があるが、結論としてはそのようなことはなかった。

最後の1級山岳では、ピーター・サガンらをはじめスプリンターのほとんどは脱落。一方で総合系の有力勢はもちろん誰も脱落せずそのまま30人ぐらいの集団でゴールした。

ロードレース

そんな中、予想外の生き残りを見せたのがバーレーン・ヴィクトリアスのソニー・コルブレッリ。

ロードレース

なんと総合系の選手にまじり1級山岳を見事に生き抜き、ゴール前スプリントへ。そんな彼をチームメイト2名が牽引。万全の態勢でスプリントスタート!その動画をどうぞ。

コルブレッリが久しぶりの勝利!

彼が最後のレースで勝利したのは2019年の6月のGran Premio Bruno Beghelliだと思うので、約23ヶ月ぶりの勝利となるだろうか。今年はクールネ(kuurne-Bruxelles-Kuurne)で6位、ミラノ~サンレモで8位、ヘント(Gent-Wevelgem)で4位、そして一昨日のロマンディ第1ステージでは2位。そんな流れでついに昨日の勝利となった。本人も嬉しいことだろう。久しぶりの勝利の美酒のお味は?

3位に入ったのがマルク・ヒルシ。親知らずの治療位と腰の不調から今シーズンのスタートが遅れていた。まだベストコンディションではないだろうがいよいよ調子が戻ってきた感がある。

さて、この日のトップ10は次のようになった。

1COLBRELLI SonnyBAHRAIN VICTORIOUS ITAB: 10″4h21’42”
2BEVIN PatrickISRAEL START-UP NATIONNZLB: 06″‘ ‘
3HIRSCHI MarcUAE TEAM EMIRATESSUIB: 04″‘ ‘
4CHAMPOUSSIN ClementAG2R CITROEN TEAMFRA‘ ‘
5ULISSI DiegoUAE TEAM EMIRATESITA‘ ‘
6KELDERMAN WilcoBORA - HANSGROHENED‘ ‘
7van WILDER IlanTEAM DSMBEL‘ ‘
8MASNADA FaustoDECEUNINCK - QUICK-STEPITA‘ ‘
9COSTA RuiUAE TEAM EMIRATESPOR‘ ‘
10SOLER MarcMOVISTAR TEAMESP‘ ‘

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください