イタリアのロープウェー事故で第19ステージのコース変更へ

この日曜日にイタリア北部のピエモンテ州のマッジョーレ湖近くで発生したケーブルカーの落下死亡事故はみんな知っているだろう。

その事故を受けて、ジロ・デ・イタリア第19ステージのコースが変更となった。大会公式ツイッターを見てほしい。

このツイッターの画像が変更後の新しいコースとなっている。ちなみに変更前は次のようなコースだった。

注目して欲しいのは最初の山が変わっていることである。

変更前はMottarone(モッタローネ山)を通る176㎞
・変更後はGignese(ジニェージェ山)を通る166㎞

となっている。

実は事故のあったロープウェーは、マッジョーレ湖に面したリゾート地のストレーザからモッタローネ山へ観光客たちを運ぶものだったのだ。

そこで今回の事故を受けて、政府や自治体などの関係機関が話し合いモッタローネ山を通るルートを変更することが決まった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください