【追記あり】チームDSMが突然の契約解除。イラン・ファン・ワイルダーが移籍の報道→その後DSMから否定の声明

なにやらチームDSMでまたゴタゴタ?ベルギー人の若い才能、21歳のイラン・ファン・ワイルダー(Ilan van Wilder)がシーズン途中で契約を解除し、他チームを探すようだ。

情報源:TEAM DSM EN RONDETALENT ILAN VAN WILDER UIT ELKAAR

ファン・ワイルダーは2019年のツール・ド・ラヴニールで総合3位という才能。

昨年の2020ブエルタ・ア・エスパーニャに出場するも第1ステージでDNF。しかし20歳でグランツールに出場という点でその才能の凄さとチームからの期待の大きさは推し量れよう。また2020年はリエージュ(Liège-Bastogne-Liège)やフレッシュ・ワロンヌといったビッグレースにも出場している。

そして今年のベルギー選手権では個人TTとロードレースの2つに出場し、個人TTで4位という好成績を収めている。やはり実力はホンモノ。ベルギーの未来をレムコ・イヴェネプールとともに担う逸材だろう。

だが、そんな彼がチームDSMとの契約をシーズン半ばで解除して他チームへの移籍を目指す。

詳細な理由はよくわからないが、なにやらチームメイトと同じ機材を使えなかったからとかで、チームと不仲になっていたようだ。そして両者協議の結果シーズン途中での契約解除となった。

シーズン途中での契約の解消とはよほど両者の亀裂が深くなっていたのだろう。完全にお互いに信頼関係がなくなっていたと思われる。契約そのものは本来なら2022年まであったのだが、1年半を残しての離脱となる。

少し前のロハン・デニスとバーレー・メリダ(現バーレーン・ヴィクトリアス)とのゴタゴタを思い出させる。

【追記】この報道が上記情報源のオランダメディアでなされたあと、チームDSMが正式にその報道内容を否定する声明を発表した(情報源:Team DSM deny Van Wilder is on the verge of breaking contract

2 thoughts on “【追記あり】チームDSMが突然の契約解除。イラン・ファン・ワイルダーが移籍の報道→その後DSMから否定の声明

  1. 大佐の更迭やサム・ベネットとルフェーブルGMのいざこざなど、今年もこの手の話題が多いですね。
    しかし、21歳の若者とここまでこじれるってよほどですよね。
    期待の総合系となると、欲しがるところは多そうですが、どこに移籍するのかそれはそれで楽しみです。

    アスタナなんかはどうなるんですかね。。。

    1. (´・ω・`)どうやらオランダメディアの飛ばし記事だったもよう。追記をしといたブヒ。
      (´・ω・`)でも煙のないところに火はなんとやら・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください