【悲報】アンカーのNEO-COTクロモリフレームが今年限りで消滅

国産ブランド大好きなファンに悲しいお知らせ。アンカー(Anchor)の名作クロモリのNEO-COTクロモリフレームが今年限りで廃盤になるもよう。自転車屋さんのツイッターを見てほしい。

現行が廃盤になるとしても、モデル名も何もかもが刷新された新モデルがその後に登場という場合もあるが、このツイッターの表現をみると、どうやらそんなことはなさそうで完全にアンカーのNEO-COTクロモリは終了となるのだろうと思う。

最近はクロモリなどの金属フレームは、職人の工房にオーダーメイドで注文して塗装もデザインもラグもすべて自分だけの、唯一無二のフレームを作るのが流行しているように思える。ブタの耳に入ってくる周囲の状況が特殊なだけかもしれないが。そういったトレンドの影響も受けているのかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください