来年に現世界王者フィリッポ・ガンナがアワーレコード挑戦か?

1時間で何キロ走れるか。ただそれだけの非常に単純で、だがそれゆえに奥が深い競技、アワーレコード。一時期挑戦者が相次ぎ、記録更新が連続していてたアワーレコード。コロナもあってかその時期と比べるとやや下火になりつつあった。だが、またアワーレコード界に注目が集まりそうだ。

というのも個人タイムトライアルで今年世界選手権二連覇を達成した現役世界王者のフィリッポ・ガンナ(Filippo Ganna:INEOS Grenadiers)が、来年にアワーレコード挑戦を考えているからだ。

情報源:Ganna considering an Hour Record attempt in 2022

現在のアワーレコード記録保持者は、クベカ・ネクストハッシュで走るベルギー人タイムトライアルスペシャリストのヴィクトール・カンペナールツ(Victor Campenaerts)。その記録は55.089km。

ガンナはTrento Festival of Sportというイベントに参加していたとき、イタリア紙のガゼッタ(La Gazzetta dello Sport)から取材を受け、アワーレコード挑戦を考えていると述べたようだ。

そして実際に今年のジロが終わったあとにイタリアのロンバルディア州のモンティキアーリという場所で30分の試走(トレーニング?)を行ったらしい。そしてそこでは30分走っただけだったがなんと平均時速57.5kmを記録したとのこと。単純に考えれば記録更新の可能性は高いといえる。

だがガンナ曰く、その試走は30分だったにもかかわらずヘロヘロになったようだ。現役最速・最強のスペシャリストですらそんな消耗度となる。それがアワーレコードの過酷さ・難しさなのだろう。そんな経験をふまえて、ガンナは本当にやるならば何もかも完璧に準備しなければならないと述べる。

今後チームとレーススケジュールなどを踏まえて日程を調整するつもりのようだ。来夏にでも行なわれる可能性があるとのこと。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください