【動画】カヴェンディッシュが激しい落車で転げ落ち、担架で搬送。ヘント・シックスデイにて

現在マーク・カヴェンディッシュ(Mark Cavendish)は、Deceuninck-QuickStepのチームメイトのイーリョ・ケイセ(Iljo Keisse)と組んでトラック競技の世界的イベント、ヘント・シックスデイ(Ghent Six Day)に参戦中。

しかし昨日のマディソンで他者の落車にまきこまれ、激しく落車。トラックに体をたたきつけ、何度も回転して転がり落ち、タンカで運ばれる惨状となった。

情報源:Cavendish en Hansen schuiven zwaar onderuit, Brit afgevoerd naar ziekenhuis

まずはそのときの動画をどうぞ。

ご覧のとおりかなり衝撃的な落車となった。

これに出場していたロット・スーダル(Lotto Soudal)のジャスパー・デ・ブイスト(Jasper De Buyst)によると、トラックに一箇所濡れたところがあったらしい。汗がたまっていたのだろうか。当然そこではスリップが起こりやすい。

デ・ブイスト自身はそれに気づいてたのだが、ヘルベン・タイッセン(Gerben Thijssen)の後輪がそれでスリップしたかなにかで、ちょっと挙動がおかしくなった?それが背後にいたケニー・デ・ケテル(Kenny De Ketele)の不自然な挙動と突然の進路変更をひきおこした。タイッセンの後輪とケテルの前輪が接触した?

そのせいで、ケテルの後ろにいた前世界王者かつ東京五輪金メダリスト(マディソン)のラーセ・ノーマン・ハンセン(Lasse Norman Hansen)がケテルの後輪に接触し落車。その落車にまきこまれたのがカヴェンディッシュだ。

激しく地面にたたきつけられ、転げ落ちたカヴェンディッシュだがその直後にこの動画のように自身の脚で歩いているので、骨折などはなさそうだ。

ただ脳に見えないダメージなどがあるかもしれないので、念のためタンカで運ばれた。そして病院へ。

検査の結果などはまだDeceuninck-QuickStepのほうから公式アナウンスはない。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください