世界選手権

個人TT世界王者トビアス・フォスがヴォルタ・アン・アルガルヴェでシーズンイン。狙うは最終日の個人TT優勝か

昨年の世界選手権個人タイムトライアルでまさか(?)の優勝を勝ち取ったトビアス・フォス(Tobias  Foss)。ユンボ・ヴィズマで走るそこそこ登れるTTスペシャリストで、25歳のノルウェー人。若い。ロードレースの世界王者のレムコ・エヴェネプール(Remco Evenepoel)も23歳なので、まさに次世代が台頭している時代の象徴となっている。

そんなフォスはまだシーズンインしていなかったが、今日から始まるヴォルタ・アン・アルガルヴェ(Volta ao Algarve)でシーズンデビューとなる。

情報源:Time trial world champion Tobias Foss targets Volta ao Algarve on season debut

今大会のアルガルヴェは、最終日(2/19)の第5ステージが個人TTとなっている。そのコースは次の通り。

ロードレースの2023ヴォルタ・アン・アルガルヴェ(Volta ao Algarve)の第5ステージコースプロフィール
©2021 – Todos os direitos reservados 大会公式サイトより

平坦基調というよりは、少しアップダウンのあるコースで25kmほどの長さ。ガチの登りがあるわけではないのでTTスペシャリストならチャンスは多そうだ。トビアス・フォスはこの最終日にアルカンシェルを着用しての優勝を目指すだろう。

フォス自身、「このコースは自分にぴったり。テクニカルでアップダウンがあるからね」と話す。

昨年の2022世界選手権個人タイムトライアルのハイライト動画はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください