Enter your email address below and subscribe to our newsletter

ロードバイクとロードレース

チームDSMがジョン・デゲンコルプとの契約を延長

ベテラン35歳のジョン・デゲンコルプがTeam DSM-Firmenich PostNLとの契約を延長。

Share your love

チームDSMことTeam DSM-Firmenich PostNLが、ドイツ人のベテラン選手35歳のジョン・デゲンコルプ(John Degenkolb)との契約を延長したことを発表した。次のチーム発表をどうぞ。

今回の契約は2025年いっぱいまで。

今年の目標ももちろん石畳クラシック、特にパリ~ルーベだ。

しかし、ただ自分の勝利を狙うだけでなく、若手をサポートし、彼らに自分の経験を伝えることも重要な役割だと考え、そしてそれが楽しいとも話す。

ジョン・デゲンコルプは、2016年に当時ジャイアント・アルペシン(現DSMの前身)に所属していたが、その1月にチームでのトレーニングライド中に事故に遭った。逆方向から走ってきた車が選手らにつっこんできたのだ。

ワレン・バルギル(Warren Barguil)、チャド・ヘイガ(Chad Haga)などもこれに巻き込まれ負傷したが、おそらく最も重傷だったのがジョン・デゲンコルプだ。人差し指の切断寸前という状況に陥った。

その後そんな大怪我から復活し、2018年のツール・ド・フランスではパリ~ルーベの区間が登場した第9ステージで見事に優勝。また、昨年の2023パリ~ルーベでは終盤まで好走し優勝争いに加わっていた。しかし不運にもマチュー・ファン・デル・プールと接触し落車。そこで勝負は終わってしまった。

2023パリ~ルーベは落車続発、サガン悲劇、ユンボ奇襲、アルペシン躍動!その感想・ハイライト動画・結果

Share your love
piginwired
piginwired
Articles: 6250

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Stay informed and not overwhelmed, subscribe now!