Loading...
ニュース

【ロードレース界激変?】UCIによる改革が決定!プロチームの数やワールドツアーはどうなる?

UCI





 

情報源1:UCI announces WorldTour and Professional Continental reforms

情報源2:UCI backtracks on plans to reduce number of WorldTour teams

 

UCIがついにロードレース界の構造改革を決定し、2020年度からいろいろ変わることが決定!

 

まだ詳細が開かされていない内容もいろいろあるんやけど、テキトーに3つほど概要を言うと次の3点や。

 

  1. 新しいプロツアーシリーズと新設
  2. プロチームシステムの改革
  3. 既存のUCIランキングの廃止と新ランキング制度

 

もちろんこれら以外にも、ちょこちょこあるんやけど、今回はまずこれら3点について書くで。




 

 

ロードレース界のシステムが激変!UCI改革が決定!

 

UCI改革

 

①新たなプロツアーシリーズの新設と既存のワールドツアー制度との関係は?

 

第一に、2020年からUCI クラシックシリーズ( UCI Classics Series)が新設され、既存のワールドツアーがこれに吸収されることになる。

 

既存のワールドツアーは、

 

  • いわゆるモニュメントと呼ばれる5大クラシックレースを含めたワンデイレース
  • グランツール
  • その他のステージレースとかトップクラスのレース

 

こういったいろいろな大規模レースから構成されとるけど、それがそのまま新設されるUCIクラシックシリーズというジャンルの一部となる。このシリーズは年間で185日のレース日数となる。

 

このUCIクラシックシリーズについては、まだ詳細は明かされてない。今後細部をいろいろ詰めていくんやと思う。

 

なお、このクラシックシリーズを構成するレースは3年ごとに見直され、可能性としたら3年ごとに同シリーズから除外されるレースも出てくるかもしれへん。

 

第二に、 UCIプロシリーズ(UCI Pro Series)という名称のツアーシリーズの新設について。

 

これは上記UCIクラシックシリーズより一段下のレベルのレース群から構成されるシリーズ。

 

  • レースのカテゴリーでHCとかカテゴリー1クラスのレース
  • ワールドツアー以外のレースで大き目の規模のレース
  • 既存のコンチネンタルサーキットと呼ばれるレース

 

がこれに含まれる。

 



 

 

②プロチーム制度の改革。ワールドツアープロチームの数の減少、グランツールのワイルドカード枠について。

 

第一に、既存のワールドツアープロチームのライセンスとそのチーム数について。

 

まずワールドツアープロチームのライセンスについては、3年ごとに審査が行われる仕組みに変わる。2019年度にまず1回目の新審査。そんで3年後に次の審査と続くわけ。

 

この審査は、

 

  1. 倫理面
  2. チーム管理・運営
  3. 財政面
  4. 組織としての一体性
  5. 実績・結果

 

という5つの基準によってなされる。

 

第二に、このワールドツアープロチームの数やけど、これまで18チームがそれを構成してたけど、UCIの会長David Lappartientはそれを減らしたいと言うてた。しかし、今回のUCIの会合ではその減少は棚上げとなった。つまり、今後も数年間はワールドツアープロチームの枠は18のままや。

 

第三に、プロコンチネンタルチームと、ワイルドカード枠についてや。

 

プロコンチネンタルチームは、グランツールについてはワイルドカード枠による招待を受けて参加するのが普通やったやん?ところが、上述UCIプロシリーズの新設によって、それが少し変わる。

 

UCIプロシリーズで上位2チームが自動的にグランツールへの参加資格を得られるという仕組みに変わる。

 

これはすなわち、グランツール主催者側の都合によるワイルドカード枠選出の権利をほぼ半分奪うことになる。

 

主催者側はよくこれ許したな。激しい抵抗するかなと思ったんやけど。主催者側にもなんらかのメリットがあるということか?よくわからんね。

 

また、同じく上位3チームは上述のUCIクラシックシリーズへの参加資格を得られるとのこと。

 




 

 

③UCIランキング制度の変更

 

UCIの各種ランキングのうち、UCIワールドツアーランキングが廃止。それに代わり、UCIワールドランキングへと移行

 

この新しいランキング制度は、ぶっちゃけ既存のワールドツアーランキングとワールドランキングを合わせただけのもの。

 

これまで前者は、個人とチームのランキング。後者は個人と国のランキングによって構成されてた。個人は被ってて、チームと国が別々のランキングに分かれてたわけやね。そんな意味わからん制度やった。

 

それらを合わせて個人、チーム、そして国という3つの領域を1つのランキングにまとめたものや。

 

そらこっちのほうが合理的やね。

 

ちなみに上記3つの領域のうち、チームのランキングに関してはチーム内の上位10人の選手のポイントだけが計算の対象になるもよう。

 

【Amazon】LANDCAST 自転車 空気入れ 仏式・米式 携帯ポンプ ロードバイク・クロスバイクに軽い力で高圧まで空気が入る

携帯ポンプなのに楽に7気圧が可能!LANDCASTの携帯ポンプのレビュー・感想【例のポンプ系統】

 

Amazon:LEZYNE(レザイン) 3.5インチ超大型メーター採用、クラシカルなデザインのフロアポンプ CLASSIC FLOOR DRIVE BLACK 【日本正規品/2年間保証】 ブラック

子供でも楽々!高級感のあるオシャレなロードバイク用フロアポンプ「Lezyne CLASSIC FLOOR DRIVE BLACK」。

(関連する過去記事とか、1つ前・後の記事は下のほうにあるで)

[google adsense]



[wiggle]



Wiggle:カンパ スーレコ12速
Wiggle:Giro Empire Knit
Wiggle:Tacx スマートトレーナー
Wiggle:カンパ バレットウルトラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

これも読め
キングジム、ニュートラルボックス(Neutral Box)
自転車空気入れ(フロアポンプ)Lezyne CLASSIC FLOOR DRIVE BLACK
ワイプオール(WIPEALL)
LANDCASTの携帯ポンプ
Giro Cinder、Stynthe、Aeon WF、そしてBell Zephyr
ロードバイクタイヤ、Hutchinson Fusion5.
プロテイン「明治 ザバス ウェイトダウン ヨーグルト風味」