なぜ来年のCofidisとDirect Energieのワールドツアーへの昇格はプロコンに大打撃となるのか?



情報源:Cofidis and Total Direct Energie to become WorldTour teams in 2020, according to reports



フランスのプロコンチネンタルチームであるCofidisとTotal Direct Energie。これら2つが、来年からワールドツアーへ昇格するとの報道がある。この結果、現在18チームのワールドツアーは20チームになる。

今年の最初のほうは、これら2チーム以外にもプロコンのArkéa-Samsic、Vital Concept、そしてIsrael Cycling Academyの3つがワールドツアー昇格を意図してたんやけど、アカンかったもよう。

さて、この2チームの昇格によってその他のプロコンチネンタルチームは相当なダメージを受ける。なぜか?

理由は簡単、グランツールでのワイルドカード枠が減るから。

これまでグランツールではそれぞれの地元のプロコンチームがだいたい4つぐらい毎年選ばれてきた。単純に、これが2つ減ることになる。

さらに、UCIによるプロチームシステムの改革によって、プロコンにおけるチームランキング1位と2位は優先的にワイルドカードとして招待しなければならない方針へと変わった。これはグランツール主催者に対する強制的義務ではないんやけど、それでも「十分に尊重するように」という感じ。

ただ、このへんの改革がロードレースを支えてる草の根運動的なプロコンチームの存在・運営にどんな影響を及ぼすのかはまだ不透明。もしこれがロードレースの国際化・拡大に悪影響を及ぼすのであれば、なんらかの見直しや対処は必要となるわけで。

さてどうなるやら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください