Ten Dam、Simon Spilak、Lars Baksなどが引退へ

ひとまずTen Damの引退について。

チームSunweb時代にTom Dumoulinを支え、そしてチームCCCへ移籍したLaurens ten Damが引退を表明。

情報源:Ten Dam calling stop on career after Lombardia



38歳のDamは今日のIl Lombardiaを最後のレースとし引退へ。Damはもともと6月の時点で、今年が最後になるやろうとは言うてた。その通り、39歳(11月誕生日)を目前にして引退となる。

情報源記事で本人はこう語る。

”I will be 39 in November and I will have been a pro for 16 years. I would not have thought that before when I became a cyclist.”



訳「11月で39歳やけど16年間もプロやってたんやね。まさかそんなに長くプロを続けるとは、この業界に入る前には思ってもみなかったわ」

人生は不思議ブヒね。しんどい仕事なのになぜか長く続けてしまう。

サラリーマンたちもそうかもしれない。責任感というか、 なんだかんだで続けてると愛着が沸くんやろね。ただ、ただのドM(ド変態)という可能性も否定はできないブヒ。

Damは2003年にRabobankでプロ入り、そしてRabobankからSunweb、最後にCCCというキャリア。特に2017年は、Tom DumoulinのGiro d’Italia総合優勝を支えたチームメイトとしての栄誉を獲得した。

さて、このTen Dam以外にも今年で引退を決めている選手が他にもいる。たとえば、

  • Simon Spilak (Katusha-Alpecin)
  • Amaël Moinard (Arkéa-Samsic)
  • Lars Baks (Dimension Data)
  • Hubert Dupont(Ag2r-La Mondiale)



新世代の台頭もあれば引退もある。サラリーマンもそのうち定年退職する日もくる。まぁそれも70歳にあがるみたいやけど(絶望)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください