Loading...
ニュース

【良さげ?】OGKカブトの新ヘルメットIZANAGI

OGK KabutoヘルメットIZANAGI

ZENARDの後継と噂される新作で、高温多湿の環境に適応すべく徹底的に冷却効果を高めた意欲作だという。


最大の特徴は、通気性能とフィット感を高めるために、頭部全体からヘルメットを浮かせたフローティング構造を採用している点だ。年々厳しくなる日本の気候を考慮し、大型のエアインレットやエアルートの確保によって、同ブランド歴代の空冷モデルに匹敵する冷却効果を実現しているという。

引用元:カブトが次期型ハイエンドヘルメット「IZANAGI」をサイクルモードに参考出品





このOGKカブトがサイクルモードで参考出品していた、今後発売予定の新作ヘルメット「IZANAGI」。ネーミングが絶妙にダサいけど、かなり良さそう。ちょっと製品名を声に出すの恥ずかしいけど。期待していいのではないかと思う。

画像はこちら。



ブタも今のヘルメットの1つ前までは、OGKカブトのヘルメットを使ってた。もう10年ぐらいずっと同社のヘルメットユーザーだった。以前あったロードバイク用Koofuは使ったことないけど、なかなか名作では?と思ってた。カブト最高傑作キタコレ!と感じてた。使ったことないけど。

だがそれも今では街乗り専用シリーズになってしまった。どんな判断やねん。明らかにKoofuをハイエンドロードバイク用として残して、その他のシリーズを街乗りにするべきやろ。経営陣の頭を小1時間ペシペシと叩きたい。問い詰めたい。

でも正直それ以外のシリーズは、どうもいかにも日本企業的なデザインというか、なんかこうあか抜けないというか、変な曲線と変な凸凹具合というか、「んー・・・それ部分の変な造形いる?」みたいなデザインと感じていた。

しかし、今回のこのIZANAGIはかなりええ感じやと思う。



このIZANAGIの大きな特徴は以下の3つかな。



・高い冷却機能
・最近流行りのデザインを取り入れている
・日本の頭に合いながらも、ヘルメットが横に広がりすぎないコンパクトな外観

という特徴を持っていて、かなり良さげ。今回のサイクルモードではあくまでサンプル段階としての展示やったようやけど、実際に市販されるときにカラーリングや質感がどうなるかやね。

【関連記事】

ヘルメット購入。BELL Zephyr MIPS。レビューとサイズ感覚。

GiroやBellの売却は?親会社Vista Outdoorが計画変更か。

【ヘルメットのサイズ感】Giro Synthe・Aeon WF・CinderそしてBell Zephyrをかぶり比べた感想・レビュー。

""” rel=”noopener noreferrer”>Amazon:[BELL(ベル)] Z20 ミップス グレー/クリムゾン 7104387

Wiggle:Bell – Z20 ヘルメット (MIPS)
(関連する過去記事とか、1つ前・後の記事は下のほうにあるで)
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

これも読め
キングジム、ニュートラルボックス(Neutral Box)
自転車空気入れ(フロアポンプ)Lezyne CLASSIC FLOOR DRIVE BLACK
ワイプオール(WIPEALL)
LANDCASTの携帯ポンプ
Giro Cinder、Stynthe、Aeon WF、そしてBell Zephyr
ロードバイクタイヤ、Hutchinson Fusion5.
プロテイン「明治 ザバス ウェイトダウン ヨーグルト風味」