アレクサンダー・ヴィノクロフ

ヴィノクロフ大佐に判決!有罪か無罪か!?

情報源:Vinokourov cleared of Liege-Bastogne-Liege fixing



ワールドツアーチームであるAstanaを率いるAlexandre Vinokourov大佐(以下AV大佐)。得意技は選手にお手紙をしたためること(意味深)。

そんなAV大佐は、2010年Liège-Bastogne-Liègeで勝利したことがあるが、同レースにおいて最後まで競り合ったAlexander Kolobnevに対して、「ワシを勝たせてくれたら、€150000(約1800万円)やるで」ともちかけた疑いがあり、それによって起訴されていた。

この裁判はベルギーの裁判所に係属、そこで審理されていたがちょっと前に判決が下った。結果は証拠不十分で無罪!疑わしくは罰せず。

AV大佐もAlexander Kolobnevもともに無罪となった。あっちのほうの裁判制度がどうなってるのかわからんけど、この件はこれでおしまいかな?どうやろ。

【関連記事】

【悲報】ヴィノクロフ大佐、懲役6か月&罰金1200万円を求刑される。2010リエージュでの談合事案


アスタナのヴィノクロフ大佐、トライアスロンでうっかり世界チャンピオンになってしまう。Ironman70.3世界選手権



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください