Enter your email address below and subscribe to our newsletter

【悲報】自転車界でドーピングが急増

ドーピング急増とその背景

Share your love

情報源:“Alarming” rise in doping cases in cycling last year

この1年で自転車界(ロードレースはもちろんトラック競技も含む)のドーピング発覚事例が急増。ドーピングの数は、去年は全スポーツ界で13位だったのに、この1年で5位まで急上昇したとのこと。



この事態を受けて、プロチームによって構成される団体MPCC(The Movement for Credible Cycling )が急遽声明を発表。緊急の警鐘を鳴らしている。なおMPCCにはワールドツアーチームが9つ、プロコンチネンタルチームが17、コンチネンタルチームが10、そして6つの女子プロチームがそのメンバーとして含まれている。

なぜこのような急激なドーピング発覚事例の増加となったのか?その主要な要因の1つが、ドイツとオーストリアの当局による国際的なドーピング捜査のOperation Aderlassであることは明らかだろう。

また、その他の要因としてはそもそもドーピングに手を出す選手が増えていること、または、ドーピング捜査・検査の手法が発展したことも、可能性として挙げられる。

【関連記事】

アラフィリップがドーピング陽性に激怒

なぜ?UCIがドーピング検査機関CADFとの契約を打ち切りか

遺伝子ドーピングと検査手法「リキッドバイオプシー」とは?東京五輪で革新的ドーピング検査法が採用。

ツールの裏の主役?2つの薬物ケトンとドーピングのAICAR

ツール経験のドイツ人選手がドーピングか?

【ドーピング】ロシアはUCI世界選手権からも排除!WADAから4年間の出場禁止!

次なるドーピングは誰?UCIが過去のサンプルの再調査へ

ドーピング検査の秘密兵器?WADAがアレを導入へ

【オペラシオン・プエルト】なぜWADAはドーピング発覚者の名前を公表できないのか?

2014年以来最悪。今年はこれまでよりもドーピングが多い。自転車業界よりもドーピングが多いスポーツは?

大便による新世代ドーピング?ある種の腸内細菌が持久力と回復力を向上させる?



Share your love
piginwired
piginwired
Articles: 6283

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Stay informed and not overwhelmed, subscribe now!