Movistarがフルーム移籍についてコメント発表



ロードレースファンにおなじみのスペイン紙Marcaが、フルーム移籍の話をMovistarが否定と報道している。


Marca:Ciclismo El único equipo que de momento no descarta a Chris Froome: “Nunca hablamos de negociaciones, pero…”

先日、フルームがシーズン途中で移籍を考えているとのネタを紹介した(過去記事「フルーム移籍か」)した。

そしてその噂については、ISRAEL START-UP NATIONかMovistarと契約するのではないか?という可能性を伝えるメディアが多かった。(過去記事「イスラエルがフルームとの契約に関心を隠さない?」)

だが今回Movistar側はそれを明確に否定したことになる。

Movistar側はMarca紙に対してこう述べる。

“Froome a día de hoy no es una posibilidad para 2020”.



訳「現時点ではフルームが2020年中に移籍とかはない」

フルームの契約自体は2020年まで。ただそれでもチームイネオスと契約延長の可能性がずっと高いはず。しかし、来年度の移籍がゼロは言えないし、そうなったほうが外野から見るとおもしろくなりそうというのはある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください