ツールで謎のビッグプーリーが登場。セラミックスピードではなくMuc-Offの製品??

ツール・ド・フランスでまた謎の機材が登場している。バーレーン・マクラーレンのTTバイクに謎のビッグブーリーが使われているとのこと。

情報源:Muc-Off teases oversize pulley cage on Mikel Landa’s Tour de France TT bike

それがいったいどんなものなのか、上の情報源記事の写真をみてもらいたい。

なんとバーレーン・マクラーレンの個人TTには、ケミカルブランド「Muc-Off」社のビッグプーリーが使われているもよう。

ビッグプーリーといえばプロチームも最近は導入が増えているように思える。もちろんその定番はセラミックスピード(Ceramic Speed)社の製品である。

これがセラミックスピードのビッグプーリであるが、はっきりとそのロゴが描かれているのが普通である。

しかし、情報源記事で報じられているバーレーン・マクラーレンのTTバイクのビッグプーリーには、「MucーOff」のロゴが描かれている。

Muc-Off社はイギリスのケミカミルブランドであり、バーレーン・マクラーレンやイネオスなどのプロチームにケミカル類を提供している。同社のバイク掃除用品やシャモアクリームはブタも日常的に愛用している。

そんなケミカル専業のような会社がビッグプーリー・・・・・・実に「?」である。

この写真から考えられる可能性は次の3つ。

  • A:ケミカル界だけでなくメカニカル界にも進出する
  • B:どっかのビッグプーリーに限定デザインとしてロゴを描かせた
  • C:どっかのビッグプーリーのブランドを買収した

これら3つのうちCは、AとBをも包含するものであり、一般的に企業が新分野に進出するときに最も手っ取り早い方法であるのは言うまでもない。

なおバーレーン・マクラーレンのコンポは基本的にはシマノのデュラエース。ハンドルなどはFSA(Vision)である。よって、この謎のビッグプーリーは、デュラエースに適合するような設計になっていると思われる。

とりあえず現時点でMuc-Off社からもなんの発表もなく、詳細は不明な謎のビッグプーリーである。

【関連記事】
最も速いチェーンオイル(ルブ)はどれか?ZFCによる各種オイルの実験データ

【レビュー】ロードバイクのサドルによる尻の痛さを軽減するクリーム、Muc OffのLuxury シャモアクリームの感想。Raphaのクリームとの比較。

シーラント剤は環境に悪いのではないか?

【実験】チェーン注油の効果は何ワットか?注油の重要性

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください