フルームが若返った!?「イネオスでのコピペは終わり、新章の始まりだ」

チームイスエラエル(ISRAEL START-UP NATION)へ移籍したクリス・フルームが、今シーズンを前にして新天地での心境を語っている。

情報源:Chris Froome: Changing teams gives me more mental stimulation and motivation

“We agreed that joining ISN – this is something, a commitment, I’m not just going to make for a year or two, this is a commitment until the end of my career and potentially even beyond that. Part of me also feels that at the moment at my age, I’m 35, I’m coming back from a big injury, year after year with the same team, I’ve been – it’s almost been copying and pasting every year, year on year, and changing teams at this point in my career is going to give me so much more I guess mental stimulation and motivation – it’s a whole new change, it’s a new project, a new chapter and it does feel quite rejuvenating for me.”

訳「イスラエルとの契約は一年や二年でどうこうというような関係ではなくて、キャリアが終わるまで、そしてそれ以降も続くようなものなのよ。今となるとね、もうワシも35歳なわけやけど、まぁ大きな怪我から復帰しつつあるわけやけど、毎年毎年同じチームにいるとどうしても ” コピペ ” みたいな日々やなと感じることもあるわけよ。だから移籍したことで、自分では思ってた以上の新しい精神的な刺激やモチベーションを感じてるわ。ほんと全く新しい挑戦、新しいプロジェクト、そしてキャリアの新章という感じで、ホンマかなり若返った気分よ」

というわけでかなり充実した状態のもよう。これはツール・ド・フランスでの復活が期待できるか!?

フルームは年末からずっとアメリカのカリフォルニアでトレーニングを積み、新シーズンへの準備をしてきた。ヨーロッパよりもかなり温暖な気候やからね。

そこでは先日値下げを発表したレッドブルの「Red Bull High Performance Center」を使ってのトレーニングも行っている。この施設はガチ勢向けのセレブなトレーニングセンターのもよう。それがどんなものか次の動画で見てもらおう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください