【決算】シマノ爆益。過去最高益を目指し爆走中

世界の自転車業界を支配するシマノ帝国が2月9日の大引け後に決算を発表した。

それによると、2020年(令和2年)の12月期の連結経常利益は前期比で17.3%増の814億円。売上高は4.1%増の3780億円。

またこの10月〜12月期(4Q)の連結経常利益は前年度同期比63.1%増の227億円。売上営業利益率は前年度同期の18.8%から24.9%へ。大きな伸びを見せている。

シマノの社長曰く、「自転車需要が大変な激増。欧米では小売店の在庫が不足している。フル稼働で供給している」とのこと。自転車パーツの入荷遅れなどはみんなも肌で感じていると思う。

そのような世界的な生産逼迫を受けて、シマノは今後約250億円を投じて生産態勢を強化の方針。また同時に21年12月期の売上高、営業利益、純利益のすべてで過去最高記録の更新を予想している。

なお前期の年間配当を155円から355円(前の期は155円)に増額。

2 thoughts on “【決算】シマノ爆益。過去最高益を目指し爆走中

  1. 配当金がスゴイね~!
    シマノの株を買おうと思って検索したけど、断念。
    投資信託にしておきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください