【コロナ】Trek-Segafredoがスヘルデプライスから撤退

Trek-Segafredoが、4/7に開催されるベルギーの定番ワンデイレース、スヘルデプライス(Scheldeprijs)から撤退することを表明した。次のチーム公式ツイッターを見て欲しい。

Trek-Segafredoは、少し前のヘント(Gent-Wevelgem)も、チームkあらコロナ反応が確認されたため欠場。その後のドワルスには、濃厚接触したとして隔離措置をとったマッズ・ピーダースンとアレックス・キルシュを除く5人で出場していた。また、エドワード・トゥーンスは暫定的な陽性が出ていたため欠場していた。。

ただ、昨日のロンド・ファン・フランデレンにはピーダースンもトゥーンスも出場してフルメンバーで戦っていた。

そんな状況で、今回のスヘルデプライスの欠場の発表となった。

同チーム曰く、

“Due to the positive Coronavirus cases detected last week we have decided to withdraw our men’s team from racing Scheldeprijs as a precautionary measure,”

訳「先週にコロナ問題がチーム内で判明したため、スヘルデプライスから撤退を決定した、これは予防策としてのものだ。」

チームのクラシック班は一週間の隔離措置を実行する。そしてブラバンツ・パイル(Brabantse Pijl)でレースに戻る予定とのこと。

なおステージレース班は、モレマをリーダーとしてバスク一周(Itzulia Basque Country)に4/5から出場中だ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください