アメリカ人選手が10種類の薬物を使用。その欲張りセットとは?

さきほどの記事「【ドーピング】UCIがVini Zabùに30日間のレース出場禁処分」でも、ドーピング関連のネタを紹介したが、今回もそのネタである。

あるアメリカ人の選手が10種類もの薬物の使用または所持したとして、USADA(全米反ドーピング機関)から4年間のレース禁止処分を言い渡された。

情報源:Cyclist banned after testing positive for 10 different drugs

この選手はマスターズカテゴリーの選手で、カリフォルニア州出身の52歳のVahe Aivazian。記事タイトルどおり10種類もの禁止薬物を使いMTBレースに参戦していた。

そんな彼の欲張りセットは内容がこれだ。

薬物名効果
テストステロン筋肉増大など
ナンドロロン 筋肉の成長や赤血球の増加など
デヒドロエピアンドロステロン(DHEA)老化の緩和・若返り
ソマトロピン老化の緩和・若返り
イパモレリン同上
GHRP-6(成長ホルモン放出ペプチド)同上
CJC-1295(成長ホルモン分泌促進物質の合成類似体)同上
IGF-1(インスリン様成長因子)同上
ヒト絨毛性ゴナドトロピン(hCG)テストステロンの生産を誘発
アナストロゾールテストステロンの増加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください