Enter your email address below and subscribe to our newsletter

ジロ初日ですでに1名が落車で骨折リタイア

ジロ初日のゴール後に骨折したラトビア人選手

Share your love

昨夜のジロ・デ・イタリア第1ステージがみんな無事にトラブルもなく走り終えたと思っていたら、なんとすでに一名が落車による負傷でジロからリタイアしてしまった。

その選手はISRAEL START-UP NATIONのクリスツ・ニーランズ(Krists Neilands:ラトビア人)。チームのツイッターによる報告を見てほしい。

これによると、彼はレースそのものは無事に走り終えていたものの、レース後にホテルへ自転車で移動する途中で落車し、鎖骨を骨折してしまったとのこと。手術が必要なレベルでの骨折のため、第2ステージ出場は無理となった。

新城幸也が今大会で唯一の日本人選手であるのと同じように、ニーランズも唯一のラトビア人だったので、ラトビアとしても悲しい。

またニーランズはチームで有力な山岳アシストで、エースのダン・マーティンを支える予定だっただけにダンマーにとってもチームにとっても不幸なスタートとなってしまった。

初日後の総合順位のトップ50については以下の記事で掲載。

Share your love
piginwired
piginwired
Articles: 6427

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Stay informed and not overwhelmed, subscribe now!