ピナレロ2022年モデルDogma F14?

先日の月曜日はジロ・デ・イタリアの2回目の休息日だったが、その日にチームイネオスにバイクを供給するスポンサーのピナレロ社(Pinarello)の社長、ファウスト・ピナレロがチームを見舞った。

そのときファウストが乗っていたのがこちらのバイク。

これが、海外名ディアによって「新型のDogma(ドグマ)F14」なのではないか?」と噂になっている。

第一次ソースは、「Clamorosa esclusiva: “pizzicato” il prototipo della nuova Dogma. Caro Pinarello, sarà pronta per il Tour?」をどうぞ。こちらのほうが画像が多い。

現行のチームが使うF12との差異は微妙な違いのようで、フレームについてだけいうと次の2点がビミョ~に異なるようだ。

・シートステーとシートチューブとの接合部の形状
・ダウンチューブ下部の形状

これらに加えて、画像を見てもらうとわかるが、そうディスクブレーキである。

これは次のドグマは全てディスク仕様になって、リム版がなくなることを意味しているのか?それともいわばイネオス専用にリムは残すのか?

仮にディスク版だけになった場合、イネオスはそれでいいのか・・・もちろんスポンサーの意向には逆らえないわけだが・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください