ルーク・ダーブリッジがジャック・ヘイグの代わりにオーストラリア五輪代表

オーストラリアの東京五輪ロードレース男子チームに、ジャック・ヘイグ(Bahrain Victorious)のかわりとしてルーク・ダーブリッジ(BikeExchange)が入ることになったようだ。本人にインスタを見て欲しい。

“I’m deeply honoured to get the call up to represent my country at the Olympic Games in Tokyo. My family my friends my team I have to thank for the incredible support to get me here.”

抄訳「オーストラリア代表に選ばれとても光栄。家族やチームみんなに感謝」

このようなことが上のインスタには書かれている。

本来ならばオーストラリア代表は、キャメロン・マイヤー、リッチー・ポート、ロハン・デニス、ジャック・ヘイグの4人だった。

しかし、このうちキャメロン・マイヤーは脳のガンがひどく進行している父親のため、そしてコロナ禍の影響を考えて辞退。このマイヤーの代わりにすでにルーカス・ハミルトン(BikeExchange)が選ばれたと報道されている。

ジャック・ヘイグは今年のツール・ド・フランスの序盤で落車して鎖骨を骨折したこと、それが思っていたよりも治療に時間がかかるものだったため代表を辞退。そのヘイグの代わりに今回ダーブリッジが選ばれた。BikeExchangeが2名揃ったことになる。

過去記事:【東京五輪】ジャック・ヘイグがオーストラリア代表から外れる。鎖骨骨折からの回復が遅れる

このときのヘイグの落車の様子はこちら。

なおロハン・デニスは個人タイムトライアルとロードレースの2つに出場する予定とされている(公式には未発表)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください