カザフスタン

来年からアスタナは「アスタナ・カザフスタン(Astana Qazaqstan)」へチーム名変更

カザフスタンのワールドツアーチームで、通称大佐ことアレクサンドル・ヴィノクロフが率いるアスタナ・プレミアテック(Astana-Premier Tech)は、すでにかなり前に今年いっぱいで共同タイトルスポンサーのうちプレミアテック社が離脱することが発表されている。

しかし来年から新たなスポンサーが入るのかどうか、チーム名がどうなるのかなどは発表がなかった。

だが、昨夜アスタナから正式な発表があり、チーム名は来年から「アスタナ・カザフスタン(Astana Qazaqstan)と」となることが決まった。同チームの公式ツイッターを見て欲しい。

この新しいチーム名の「Qazaqstan」という綴りに違和感を覚えるかもしれない。というのもカザフスタンの正式な綴りは「Kazakhstan」だからだ。国際的にはK~の表記。もちろん日本の外務省もK~だ。

ただカザフスタンの英語上の発音は「カザックスタン/キャジャクストゥアン」という音が近い。そこで、同チームは、その英語の発音にあわせた綴りにすることを決定。それが「Qazaqstan」だ。

今年のアスタナからは、ヨン&ゴルカのイサギレ兄弟、アレクサンドル・ウラソフが離脱する。そしてヤコブ・フルサンも移籍すると噂されている。一方で、来年からは、ダビ・デ・ラ・クルス、ジョー・ドンブロウスキー、そしてヴィンツェンツォ・ニバリが加入することが発表されている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください