Enter your email address below and subscribe to our newsletter

ロードレースとロードバイク

腹部を激しく損傷したJarrad Driznersは手術成功し、UAEの病院で回復に専念。2022UAEツアー第6ステージ

2022UAEツアー第6ステージのゴール前の落車で、手術が必要なほどの腹部の損傷を負った新人Jarrad Driznersについて

Share your love

先日閉幕したUAEツアーはチームUAEとタデイ・ポガチャル(Tadej Pogačar)が圧倒的な強さを見せつけた。

だが、最終日前日の第6ステージでは平坦ステージなのに、プロトンのスプリンターチームがまさかの計算間違いで逃げを捕まえきれずに、逃げ切りが決まった。

その第6ステージのゴール手前でプロトンでちょっとした落車が発生していたのを覚えているだろうか。映像ではほとんど映っていなかったのだが、次の場面だ。

この画像で倒れているのは、ロット・スーダルの新人プロ選手でオーストラリア人の22歳、Jarrad Driznersだろうか?。

そしてそんな彼のシューズをゆるめようと世話しているのが、INEOS Grenadiersの新人ルーク・プラップ(Luke Plapp)か。

そんな彼はこの落車で腹部損傷。病院で手術を受けなければならないほどのものだったようだ。そのため最終日の第7ステージには出走していなかった。

そんな彼についてチーム側からアナウンスがあった。

これによると、手術は無事に成功し、しばらくはUAEの病院に入院し回復に専念するようだ。その後にホームへ戻る予定。

落車と骨折が日常茶飯事のロードレースといえど、手術が必要なほどの腹部の外的な損傷というのはあまり聞かない。いったいどのようなものだったのか気になるが、その詳細は明らかにされていない。

Share your love
piginwired
piginwired
Articles: 6667

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Stay informed and not overwhelmed, subscribe now!