Enter your email address below and subscribe to our newsletter

ロードレース2023ブエルタ・ア・エスパーニャ第8ステージ

3vs1でレムコ絶体絶命!?2023ブエルタ第8ステージの感想・結果・ハイライト動画

最大22%の激坂でレムコ絶体絶命か!?2023ブエルタ第8ステージの感想・結果・ハイライト動画

Share your love

昨夜のブエルタ・ア・エスパーニャ第8ステージは、なんといっても最大斜度22%が登場する1級山岳のショレト・デ・カティが最大の勝負どころ。ただし山頂フィニッシュではなく、そこから下ってからのちょっとした登りスプリントでゴールとなる。

そして予想通りにその登りでユンボ・ヴィズマが総攻撃をしかけてきた。

第8ステージのコース

いつもどおりこちらの記事で。優勝予想とともに。

感想・ハイライト

大集団の逃げ!

予想通り?に今日は大きな逃げ集団が形成される。しかもカルーゾ、デ・ヘント、カストロビエホ、クロン、バルデ、ルイ・コスタなど有力選手ばかり。逃げ切りなるか?

デ・ヘントの一人逃げ!

途中でデ・ヘントがこのように一人逃げを決めるが、これもやがて吸収される。

今日は逃げ集団の選手同士でもまるでワンデイレースのように駆け引きが連続し、協調するというよりは逃げの中でワンデイレースが行われているという感じでレースが進む。

そして逃げも2つに分裂して数名の第1集団が第2集団から逃げ続ける。しかし第2集団もやはり第1集団へ合流しようとする動きが発生する。

一方メイン集団も決して逃げを自由にさせる気はなく、マイヨ・ロホのレニー・マルティネス(Lenny Martinez)擁するグルパマ、そしてなんといってもユンボ・ヴィズマの2チームがメイン集団を強力に牽引。最後の1級山岳に備えて逃げとのタイム差を3分、2分、そして1分台へと縮小させていく。

レムコ絶対絶命!?最大斜度22%の激坂決戦!

ロードレース2023ブエルタ・ア・エスパーニャ第8ステージ

今日最後の勝負どころ最大斜度22%の1級山岳ショレト・デ・カティ。そこに最初に突入したのが上の4名。そしてメイン集団もこの1級に向けてユンボ勢の牽引により一気にタイム差を40秒以内に縮めて1級に突入。

さて激坂のスタートだが、ここでちょっと意外な展開。なんとユンボの前にスーダル・クイックステップ(SoudalーQuickStep)が出てペースを上げていく。

ロードレース2023ブエルタ・ア・エスパーニャ第8ステージ

今日のレムコの調子がいいのか!?やれんのか!?やれんのか!

このスーダルの牽きが終わると、すぐにレムコ vs ユンボ3名という構図に!レムコ絶対絶命か!

ロードレース2023ブエルタ・ア・エスパーニャ第8ステージ

セップ・クスキタ━━━━(Д゚(○=(゚∀゚)=○)Д゚)━━━━━!!!

残り5kmでユンボの真のエースか!?と噂されるクスがアタック!これはもう決まりか?

ロードレース2023ブエルタ・ア・エスパーニャ第8ステージ

レムコ「まだだ!まだ終わらんよ!」

とばかりに、レムコがわりと余裕でクスに追いついてくる。クスがペースダウンしたのか、レムコがペースアップsいているのか?

ロードレース2023ブエルタ・ア・エスパーニャ第8ステージ

そしてここからレムコ劇場がスタート!レムコはユンボ3名、そしてエンリク・マスやフアン・アユソーたちに一切前を譲ることなくずっと一人でこの集団の先頭を支配。

レムコは最後まで先頭で引き続けるが、結局この集団はバラけることなく山頂を通過しゴールへ。そしてゴール前の争いは次の動画を。

🐷「まぁそうなるわな」

確かに勝ったのはログリッチだが、レムコはユンボ3人の包囲網にあったわけで、そう考えると実質的に勝ったのはレムコなのではないだろうか。

そしてユンボは今日どういう予定だったのだろうか。レムコが想像以上のハイペースで激坂を登ってしまったため今回以上の攻撃をユンボはできなかったのか、それともあえてクスの動き以上のことはしなかったのか。どっちだろう。

山頂フィニッシュでもなく、まだ第1週目、そして休息日あけは個人TTということであえて無駄に体力は消耗しない方針で、ステージ優勝だけを確実に狙い、そしてボーナスタイムを少し貯める。ユンボはそんな堅実な作戦だったのかもしれない。

さてとにかくこれでセップ・クスがマイヨ・ロホを獲得することとなった。クスがやはりユンボの第1エースなのか?

レース全体のハイライト動画

結果

ステージトップ10

1Primož Roglič Jumbo-Visma1位との差
2Remco Evenepoel Soudal – Quick Step,,
3Juan Ayuso UAE Team Emirates,,
4Enric Mas Movistar Team0:02
5Jonas Vingegaard Jumbo-Visma,,
6João Almeida UAE Team Emirates,,
7Sepp Kuss Jumbo-Visma,,
8Marc Soler UAE Team Emirates,,
9Wout Poels Bahrain – Victorious0:34
10Aleksandr Vlasov BORA – hansgrohe0:39

総合トップ10

1Sepp Kuss Jumbo-Visma1位との差
2Marc Soler UAE Team Emirates0:43
3Lenny Martinez Groupama – FDJ1:00
4Wout Poels Bahrain – Victorious2:05
5Mikel Landa Bahrain – Victorious2:29
6Remco Evenepoel Soudal – Quick Step2:31
7Primož Roglič Jumbo-Visma2:38
8Jonas Vingegaard Jumbo-Visma2:42
9Enric Mas Movistar Team,,
10Juan Ayuso UAE Team Emirates2:52

各賞ジャージ

マイヨ・ロホ(総合首位) Sepp Kuss Jumbo-Visma
マイヨ・ベルデ(ポイント賞) Kaden Groves Alpecin-Deceuninck
マイヨ・ルナレス・アスーレス(山岳賞) Eduardo Sepúlveda Lotto-Dstny
マイヨ・ブランコ(新人賞) Lenny Martinez GroupamaーFDJ
Share your love
piginwired
piginwired
Articles: 6530

2 Comments

  1. うーむ、アレだけ集団をコントロールした割にはユンボにとっては微妙に中途半端な結果に…。ダブルどころかトリプルエース体制の弊害がちょっと出てしまったか…?(最後早々集団牽引できるアシストがいなくなってしまった)

    しかし、何気にアユソが不気味なんだよなぁ…。ムラっ気はありますが、ハマった時の爆発力はロマンディとスイスで証明済みですからね。

    • 昨日のユンボはちょっとよくわかんない感じだったブヒね。それだけレムコが強かったのかもしれないけど。

      あと個人的にも「アユソーは予想以上にがんばってるやん!」という印象。まずは今日どれだけ耐えられるか、そして次の個人TTでどこまで食い下がれるかが鍵になるブヒね

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Stay informed and not overwhelmed, subscribe now!