ロードレース2023ブエルタ・ア・エスパーニャ第16ステージのコースプロフィール

斜度15%の平坦ステージ!今夜の2023ブエルタ・ア・エスパーニャ第16ステージのコースについて

2023ブエルタ・ア・エスパーニャは最後の休息日があけて、今日からいよいよ最終週に突入する。そんな今日の第16ステージは平坦ステージ。だが最大斜度15%!

ロードレース2023ブエルタ・ア・エスパーニャ第16ステージのコースプロフィール
大会公式サイトより

第11ステージでも「11級山岳の平坦ステージ」が登場したが、今日の第16ステージは最大斜度15%の2級山岳の山頂フィニッシュだ。これぞブエルタ!

今日の走行距離はたったの120.5km。TTを除けば今大会最短だ。そして最後の2級山岳は次のようになっている。

ロードレース2023ブエルタ・ア・エスパーニャ第16ステージのコースプロフィール
大会公式サイトより

登坂距離は4.8km、平均斜度8.8%。最大斜度は15%。 パンチのきいた登りで激坂決戦となるため単純なクライマーではなく、パンチ力のあるクライマーが有利だろう。

そして級山岳まで20kmとなったあたりにスプリントポイント兼ボーナスタイムポイントが設定されている。そこでの注目はやはりレムコ・エヴェネプール(Remco Evenepoel)とスーダル・クイックステップ(SoudalーQuickStep)の動きだ。というのもレムコは山岳賞ジャージを着ているが、実はポイント賞も2位。同1位のカーデン・グローブス(Kaden Groves)との差は73ポイントと大きいとはいえ、狙えなくはない。純粋な平坦ステージは第19と最終日の第21ステージのみ。

ただ圧倒的にレムコが不利である状態なのは確か。カーデン・グローブスがステージ1勝でもしてしまうとほぼ逆転は無理となる。しかし、逆にグローブスが今後ほぼポイントを稼げないという事態(ほぼありえないだろうが)になれば、レムコの逆転ポイント賞獲得が見えてくる。

またレムコについてはポイント賞以外にも山岳賞、そして総合成績をどこまで上げられるか。そのためボーナスタイムをすべて獲得しようとするかもやはり注目となる。

なお上で紹介したように今日は激坂フィニッシュのため、カーデン・グローブスの優勝はありえない。そして今日の走行距離が短いということからすると、早めに逃げを捕まえにきて、上述スプリントポイントでは、アルペシン・ドゥクーニンク、ユンボ・ヴィズマ、スーダル・クイックステップの3つを中心に集団での争いとなるかもしれない。

ユンボはたぶん最後の2級山岳ではゴール前以外はほぼ動かないだろう。明日からの山岳ステージを見据えているはず。

そこで2級山岳で飛び出したメンバーの逃げ切りが決まる可能性が高いのではないかと考えて、優勝予想はジェイコ・アルウラーのマッテオ・ソブレロ(Matteo Sobrero)。

2 thoughts on “斜度15%の平坦ステージ!今夜の2023ブエルタ・ア・エスパーニャ第16ステージのコースについて

  1. レムコは今日は動かないと言っていたはず…。

    となれば、逃げ切り濃厚……かと思いきやUAEが展開を激しくしてきて……最後はログリッチがごっつぁん勝利!

    1. たしかにログリッチも考えた!
      でも個人的にはヴィンゲゴーのほうが怪しいとも思っていて・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください