ロードバイクシューズSidi Sixty Python

Sidiからヘビ柄シューズ「Sidi Sixty Python」が登場

チームIneosも使うロードバイク用シューズでおなじみのSidiから、キモくておしゃれ(?)な限定版シューズが登場。下の公式Twitterを見てほしい。





ご覧のように、好きな人は好きな蛇柄デザイン。このシューズは、チームIneosも公式に使うシリーズで、同ブランドの60周年を祝う「Sixty」シリーズのシューズとなる。このシリーズはもちろんチームIneosが使うだけあってガチレース向けモデル。その限定版として今回登場したのが、この「Sidi Sixty Python」シューズ。

1960年代をモチーフにしたデザインとのこと。なぜそれが蛇柄なのかというと、なんでも1960年代は蛇柄の全盛期だったらしい。いろんな業界のいろんな製品に蛇柄が流行ってたもよう。へぇ~

蛇柄なので革製かと思われるけど、その点はご安心を。ちゃんとアッパー部分(本体)は合成の革。普通のスニーカーとかでよくあるやつね。なので汚れにも強いし、水洗いもできる。

お値段は通常版のSidi Sixty シリーズと同じ339€ (約4万円)で、今月末から一般販売開始の予定。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください