バーレーン

来年からバーレーン・マクラーレンは「バーレーン・ヴィクトリアス」へ。そのスポンサーは?

少し前の記事にて、UCIが2021年度に向けたワールドツアーチームとプロ・チーム(ProTeam:旧称プロコンチネンタルチーム)の暫定的なリストを公開したと紹介した。

そのリストでは、いくつかのチームのチーム名が現在の名称から変更になっている。プロ・チームのNippo Delko One Provenceは「Delko One Provence」へと変わっているし、ミッチェルトン・スコット(Mitchelton-Scott)は「GREENEDGE CYCLING」へ変わっている。

そんな中、マクラーレン社(McLaren)がスポンサーから撤退するバーレーン・マクラーレン(Bahrain-Mclaren)は、「BAHRAIN VICTORIOUS」というチーム名になっている。

そこで気になるのがこのVICTORIOUSというスポンサーの正体である。

VICTORIOUS社とは?

このVICTORIOUSというスポンサーがどのような企業なのか、まだ一切の情報は公開されていない。しかし、ちょっと調べてみたところ、次のような企業のインスタグラムが見つかった。それがこちら。

これはお花屋さんである。お祝いなどに使われるギフト専門の会社のようだ。

もちろんこのお花屋さんのことではないはず。

さて、サッカーファンならば「Bahrain」と「Victorious」という言葉を見たときにピンときた人がいるかもしれない。

こちらは、フランスのサッカーチーム「Paris FC」のインスタグラムである。ユニフォームの文字を見てほしい。「VICTORIOUS BAHRAIN」と書かれている。実際、このチームのスポンサーはバーレーンである。今年の7月にこのチームの権利を20%取得し、メインスポンサーになっている。(参考:Bahrain Is Investing In France Football And Now Owns 20% Stake Club Paris FC

そこでブタが予想するには、このサッカーチームで使っている「VICTORIOUS BAHRAIN」と混同しないように、ロードレースのチームとしては「BAHRAIN VICTORIOUS」と逆にしたのではないか?ということだ。

またチーム名の表記方法にも着目したい。UCIに公式に登録されているプロチームの名称は、主要なスポンサーが2社の場合、基本的には「A-B」というように「ー(ハイフン)」が使われる。

ところが今回の2021年に向けたリストでは、「VICTORIOUS BAHRAIN」。「-」が使われていない。

すなわち、結局のところVICTORIOUS社というものがスポンサーとして存在するわけではなく、バーレーン王国そのものが単独でスポンサーし続けるということなのだろうと予想する。どうだろう?

【関連記事】
日本人選手らへ脅迫行為か?Nippo Delko One Provenceの疑惑について

UCIが暫定的に2021年度のワールドツアーチームとプロ・チーム(ProTeam)を発表

ユンボ・ヴィズマがCervelo、ミッチェルトン・スコットがBianchi、サンウェブがScottへバイク変更

2 thoughts on “来年からバーレーン・マクラーレンは「バーレーン・ヴィクトリアス」へ。そのスポンサーは?

  1. 今シーズンは9勝と控えめでしたが^ ^;、レース見てるとコントロールに入ったりゴール前に絡むことも増えてきてるので、チームとしての連携や戦術がもうちょいしっかりできれば、と思ってます。
    あとは… ジャージのデザインがもう一歩垢抜けてくれれば!

    1. あ、そうか。ジャージのデザインがどう変わるのかもポイントになるブヒね。
      ヴィクトリアスというイメージにあうような、華やかで優美なデザインに!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください